発達障害と”ひびき”による脳からのオルゴール療法 (3)

 発達障害と”ひびき”による脳からのオルゴール療法 (3)

自閉スペクトラムも、多動性障害性も学習障害も、その他の多くの脳の未発達の疾患も、ひびきは、脳の機能を修復して、発達を促進します。病名の上がらないものも総じて発育を促進します。病名がつかないものや、小さな障害まで心も体も全ての生体の機能を正しくすることを目指します。調整します。
 
 体内で発達障害を予防する方が何倍も楽なのです
 胎児、赤ちゃんの超低体重児など未発達部分の修復するより、体内で発達障害を予防する方が何倍も楽なのです胎児のとと体の成長促進が発達障害を防ぎ予防する大切な役目を持っています。
 
 胎児、乳幼児に必要な血液と栄養は母乳から供給されます。足りないのは環境悪化からくるひびきや栄養酸素です。
 ひびきで脳幹と視床下部を元気にし、心臓と肺、そして40種類の臓器器官を元気にして、母乳から栄養酸素を供給し、胎児、赤ちゃん脳と体の正常性を保つのです。
 
 赤ちゃんにオルゴールは必需品
 ベビーベッドやゆりかごや乳母車も大切です。しかしそれよりも、もっとひびきは大切です。大切な脳を育てる、臓器器官40種類を育て、自然界のひびきを持つオルゴールは胎児乳幼児には必需品です!生体をこの世に出す尊い仕組みをもっと大切にしましょう。
 発達障害の改善と養育は、受胎から胎教、出産、乳幼児から子供時代を経過して、成長期の止る、成長期が終わる二十歳まで限りなく成長を続けます。その期間にオルゴールによるひびきをしっかり聞きましょう。
 
 胎児の成長は母体の中で急激に行われます。片時も大切なひびきを手放してはなりません。朝昼晩大気から少なくなったひびきを補うためにオルゴールをしっかり聞きましょう。聞けば聞くほど胎児の、赤ちゃんの成長を助けます。病気にかかることを防ぎ成長を最大限に保ち病気を予防し胎児は体内で精一杯働いているのですひびきを補ってあげましょう。母乳を沢山出して栄養酸素を胎児や乳児に届けましょう。「こんなに沢山の母乳を出るすお母さんを初めて見ました」産院の先生の感想です。それほど沢山の母乳がひびきを聞くだけで出るのです。オルゴールをたくさん聴きましょう。そしてお母さんや胎児の気持ちを癒し、大切な胎児の成長を促進する母乳を沢山供給しましょう。
 
予約電話:
東京:03-6262-0741 営業時間 10時~17時
スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512
横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
「体験会」:60分間で原理の説明とひの木のベッドの体験会です。
「個別療法」:病状へアドバイスと個別療法す。
「会 費」:2,000円,個別療法:5,000円

「アクセス」

東京日本橋
JR
  • 東京駅 日本橋口 徒歩8分,丸の内北口 12分
  • 神田駅 南口から高架線路沿いに8分
  • 新日本橋駅 2番出口から4分
メトロ
  • 大手町駅B6出口から8分・A2出口から10分
  • 銀座線 三越前駅A8出口から7分
  • 半蔵門線 三越前B1出口から5分「横 浜 元 町」
大 阪 梅 田
JR阪神阪急
  • 各線 大阪駅 中央南口より徒歩6分
  • 西線 北新地駅 徒歩3分下鉄
  • 御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
  • 谷町線 東梅田  徒歩3分
  • 四つ橋線 西梅田 徒歩5分
横 浜 元 町
JR:京浜東北線 石川町駅 元町口徒歩8分
みなとみらい線:元町中華街駅 徒歩7分

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。