9歳男のお子さんは情緒不安定・聴覚の弱いの難病の先天性チャージ症候群で!  

 

9歳男のお子さん情緒不安定・聴覚の弱いの難病の先天性チャージ症候群で!

 4月23日、土曜日の午後、車イスで、お父さんとお母さんと一緒にご家族で、来所されました。

チャージ症候群の9歳の男お子さんは、オルゴールを鳴らし始めると反応があり、音楽が嫌いそうでもなく、受け入れてくれたので、先ず、第一の関門を突破されました。

 音楽が嫌いでは、オルゴール療法を受けるのが難しいのです。脳の異常発達ですから、72弁のオルゴールから始めて、144弁のオルゴールを鳴らし、デイスクオルゴールのスワン、アンティークのオルゴールを鳴らして、お子さんの様子を見ました。

 その間、ずっと歯ぎしりが続きましたが、最後のストリートオルガンでは、少し歯ぎしりガトマルこともあり、脳からの“ひびき”の効果が見られたように思いました。オルガンの強い“ひびき”に反応されたようなので、私とみどりさん、最後は自動オルガンを掛けて、セラピーベッドに寝てもらいました。

 ご夫妻がお子さんの喜びように、オルガンの強い音に反応された様子にオルゴールが脳からの調整されることに何度もうなずかれて、納得されたご様子でした。スキャモンの発達曲線に見られるように、14歳で神経系は80%とありますように、成長期のオルゴール療法で“ひびき”を脳に与えることによって、正常な成長路線に戻れることが予想され、その後の20歳迄に良い成長が期待できましょう。

日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。