乳癌からの転移性骨腫瘍 池元さん(仮名)40歳代 女性

3月, 市の健康診断の結果 → 要再検
4月, 精密検査の結果 → 乳癌(右)の診断
   検査の結果 → 乳癌(右)の診断
【治療】
1.手術(温存)2.化学療法 3週間に1回 ×4、ホルモン療法(1日1錠 × 5年間)
  放射線療法 ( 25回 ) 加えて3か月に1回、定期検査
12月末 体に異変 (手足のしびれの悪化)
1月5日 転移性骨腫瘍との診断(頸椎)※右足以外動かず
    首の固定、放射線治療開始(10回)
☆オルゴール療法開始
 3月   右大腿骨、腰骨に転移 放射線治療(10回)
【治療】
 化学療法  アロマシン  1日1錠
       リュープリン 3か月に1回
       ゾメタ    4週間に1回
 4月末   胸椎に転移  放射線治療開始(5月より)
【2.オルゴール療法を始めたきっかけ】
 池元さんの友人 津田さん(仮名)(40歳代 女性)
 5月   難聴、喘息、めまい、頭痛、耳鳴り、帯状疱疹等の症状あり。
 8月   池元さんと二人で横浜店へ来所。
       72弁オルゴールローズ(曲 カノン)を購入し療法を開始。
 津田さんはご自身の体感を通して、オルゴール療法を深く理解し、その効果を確信していた。
  12月頃 池元さんの体調悪化
  1月5日 池元さん入院
 津田さんが池元さんに自分の72弁を聞かせ始める
 「もうオルゴールをからだにくっつけて、きかせるしかない! 絶対死なせない!!!」
【3.津田さんのオルゴール療法と池元さんの変化】
  1月  オルゴール持参でほぼ毎日病院へ。(20日間)
 ※72弁を頭、顔の両サイド、胸、おなか、体側、腕、手、脚、足首など全身につけて約90分。
 13,14日 144弁アンボイナをおなかの上に各日約60分。
 17日 池元さん72弁ローズ(曲 カノン)を購入。
 21日 津田さんの体調悪化、病院通いができなくなった
 2月中旬  池元さんの変化①
 手足の動きが少しずつ戻る。

・顔に手が届く。
・食事ができる。
・補助棒を使って歩行訓練ができる。
・おなかにオルゴールをのせると腸が動き、排便ができる。
 2月下旬 池元さんの変化②
・シャンプー、洗顔が自分でできる。
・椅子に座って、シャワーが自分でできる。
・杖を使って歩行訓練ができる。
・お箸がもてる。
・指先にしびれが残っているが、オルゴールをきいているとポカポカする。
☆頸椎の痛みがとれている。
☆腫瘍が小さくなっている。(Dr.より)
☆頸椎のギブスがはずれる。
 
【4.池元さんご自身の療法への取り組み】
〔入院中のオルゴールのきき方〕
 ① ベッドで15分
 おなかの上にオルゴールをのせ、その上に両手を置く。車イスで15
 膝の上にオルゴールをのせ、その上に両手を置く
 ①、②を週に2~3回のペースで続ける。
〔ご自宅でのオルゴールのきき方〕
 4月始め 退院。以降化学療法続く。
 ① 就寝時に右側頭部にオルゴールを置き15分。(毎日かかさず)
 ② 体調のいい時は横になって右大腿の脇につけて15分。
 ③ 不調で痛みのある時は、痛いところにあてて15分。
 ②,③いずれかのきき方を、1日に15分。これを週1,2回のぺースで。
【5.研究所での療法】
  2月11日、25日 津田さんと一緒に受療。
 〇療法ベッドにあおむけになり 80分間
 大型、中型のディスクオルゴール、72弁、144弁のシリンダーオルゴール
 ストリートオルガンなど様々なオルゴールを使用。
 療法後池元さんの様子,感想
 日常生活は普通にできる。
・万歳ができる。
・字がかけるが、一番つらく難しい。
・両手は常時、しびれている。
 3月3日、24日 1人で受療。(杖を使用して来所)
 〇療法ベッドにあおむけになり80分間
 大型、中型のディスクオルゴール、72弁、144弁のシリンダーオルゴール
 ストリートオルガンなど様々なオルゴールを使用。
 前回よりも更に強いきき方
 療法後池元さんの様子,感想 気持ちよく眠った。
・痛いところにあてたら、翌日は痛みがない。ありがたい。
・朝の目覚めがいい。
・オルゴールをきかないと調子が悪い。
・骨密度が80歳以上 から 70歳よりましに。
・Dr.が「奇跡的な回復」と言い、頑張りを褒めてくれた。
 池元さんのオルゴール使用時間

【6.考察】
・即刻  密着  継続
・睡眠の改善
・痛みの軽減
・心の安定

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。