市販薬の多種、長期服用に警鐘

 街で簡単に手に入る、痛み止めや入眠剤は、2~3日以上続けると、からだに良くないことが叫ばれ始めました。その他の薬も1週間以上を長期服用するその危険性が叫ばれています。病院から処方される薬と併せる合剤の危険を今朝のテレビから放映されました。

 

 薬を多用、長期服用すると薬物依存症になる恐れもあること、海外の薬も通販で買える時代になり、その多用、長期服用は避けなければならないことなどです。

 

 痛み止めは、本来その場だけに使われ、長期の服用は避けなければなりません。その効用と危険は医師、薬剤師の意見を聞かければならないのです。

 

 オルゴール寮法では、さまざまの症状は、その部位の異常を知らせるシグナルで、薬はその症状を改善するものではなく、押さえる為のものが主な機能だと主張してきました。

 

 「“ひびき”による心とからだの病状の改善は、複数の疾患を同時に溶き一つも取りこぼさない」は現代の目にみえない、環境悪化は益々ひどくなり、限りなく、新しい不調が産まれる中で貴重な存在となりましょう。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。