息子の交通事故からオルゴール療法で脳挫傷が見違える程に!

 一月に、14才の息子が交通事故に遭い、重症で意識がなく、全く動けませんでした。医師は「くも膜下出血を起こし、急性硬膜下血腫で生存率は30%、社会復帰は10%」と告げられました。

 救急病院の手術室では、重症で耳から血をが流れ、命を覚悟しました。瞳孔は開き、十日間意識が戻らず、人工呼吸器で過ごし、二十日後にICUから出たときは、身動きが出来ず、寝たきりだったので、144弁のオルゴールを2週間、何時間も聞かせました。

 そのあとで、驚いたことに、動かなかった右足が直角にまで曲がるようになったのです! 二月から救急病院から転リハビリ病院に移り、リハビリが始まりました。

 三月から発語疾患では五十音がやっと聞かされていましたが、音楽療法を取り入れていた病院でしたから理解があり、オルゴールを聞くことを許して頂き、144弁のオルゴールを一日5時間は聞かせました。

 四月末から急激に回復して言葉が出るようになったのです。リハビリでけでは、こんなに回復することはなかったでしょう。自分から5時間も勉強するようになり、病院ではその集中力に驚かれました。「こんなに集中出来るのは奇跡ですよ!こんな子は見たことがない!」と言われました。

 オルゴールは脳に効くというオルゴール療法は、本当に有り難かったです。もし、オルゴールがなかったら、そして、以前に信じ、以前にアレルギーと斜頸を治す為にオルゴール療法に出会っていなければ。

 そして、所長さんに「アレルギーで病状が変化していない人はいないよ」を云われ、それを信じて良かった。そして、今回、オルゴール療法研究所から、自動オルガンをご用意していただけなかったらどうなっていたか? と思うとオルゴール療法に出会えて良かった。その後、病院がびっくりするほど回復し、復学迄出来るようになったののです。

 学校側からは、「基礎が出来ているし、勉強をする集中力もあるから1年下だけど復学が出来るよ」と云って頂きました。死を覚悟した一月から、六月には退院出来て、この七月までの変化はとても、信じられない程です。

 今日、その子のお母さんから研究所にお電話を頂きました。私もオルゴール療法がこんなにお役に立ち、ご家族からお礼を言われて、オルゴール療法ごお役に立って喜んでもらって良かったです。後日、正式の改善症例として経過を送って下さるそうです。 佐伯吉捷

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。