カンガルーのオルゴールゆりかご”ムーンパピユ” (三) 乳幼児の発育

 前項で子どもの成長期の受胎から出産と乳・幼児期の養育と成長期の健康に“ひびき”の大切さを主張させて頂きました。多くの環境悪化は安全な受胎と出産を危うくしています。それを補うオルゴールによる“ひびき”の健康法では、赤ちゃんを無事に出産するには、脳からコントロールすことが最も安全な出産であることを提案します。

 何故安全でしょうか? それは電磁波を伴うデジタル音でない、自然界の生の“ひびき”であるからです。

 受胎から出産までの十ヶ月の間、“ひびき”は母胎から直に胎児に伝わり、髙効果であると考えるからです。

 受精から妊娠出産分娩までは四十周とされています。その間、“ひびき”が常に母胎に直結、又は空気振動で提供されることを理想としています。即ち、都会の“ひびき”は熱帯雨林の豊富な“ひびき”に比べて百分の一になっていることから、母胎のオルゴールをくっつけて聞く以外は、お部屋の中に“ひびき”を充満させておくことが必要です。

 出来れば、外出時にもオルゴールをザックで“ひびき”を取り入れることをお奨めします。それほど、“ひびき”は胎児にとってお母さんの母乳にも劣らない程に大切な生命維持要素なのです。

 五体満足では不足です。脳が育っていることが大切なのです。この時機に脳の育成を充分に行われないと、将来、あらゆる場面で、生命中枢脳も大脳も小脳も脳の全てが健全に育つことが必要であることは理の当然と云えましょう。

 オルゴールを置く場所に向かって行く、胎児が動くことをオルゴール療法研究所は確かめ「マタニティフェスティバル大阪市と奈良市」で発表しました。母胎の右にオルゴールを置くと右に動き又、左に置くと左に胎児が動くことを確認しました。多分胎児の脳がオルゴールが持つ“ひびき”の方へ向かうと思われ、四ヶ月までは胸の上で聴いて聴くこと、そして五ヶ月を過ぎると逆子を防ぐ為に、骨盤の処にオルゴールを置くことをお奨めしました。「オルゴール療法ではそこまで解っているのですか?」とご参加の皆様がとても驚かれたことを覚えています。

 脳は“ひびき”を求めている! 実際にそれが証明出来たことを驚き、また大きな収穫となりました。胎児の成長には、生の“ひびき”が大切なのだという確信は、その後、出産の時にも大きな収穫としてお役に立ちました。

 ご出産時に、なかなか降りて来ない胎児に、オルゴールを骨盤低筋の処に置くと、直ぐに出産が始まってしかも安産でした。又、四十才の高齢出産で心配しましたが、分娩時にオルゴールを主人に鳴らし続けて5時間、「全く痛みを感じなかった、するりと生まれた、何人でも生めると思った」という程安産だったお母さんなど、このことから、臍の緒も首に捲かないでご出産出来るのではないかと予測されます。 佐伯吉捷

 

〈SGS栄養総合学院より参照〉      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。