高齢者を元気にするには? (そのⅡ) 肺と心臓

高齢者を元気にするには? (そのⅡ) 肺と心臓

 薬には、肺と心臓の機能を良くする働きと副作用があります。ある専門家は、「血圧の数値を下げる為に、心臓の鼓動を遅くするか、又は、血管を広げて血液の通りを良くするか?という生体の機能にとっては不自然な血圧を下げる方法がある」と言われます。

 それを信じて、「降圧剤があるから大丈夫」と信じておられるのではないでしょうか? 昇圧剤も同じ原理なのでしょうか? そして、それを一生飲み続けるのでしょうか? 私たちは、数値を下げるだけの目的で薬を服用しているのでしょうか? 健康になりたい、病気と言われる生体の異常を溶いて、普通に戻りたい、のではないでしょうか?

 肺と心臓は、どちらが大切ですか? 日本では、心臓と言い、米国では、肺と言われているそうです。

では、それは、肺が酸素他を吸い込んでくれなければ始まらないからだそうです。肺は二つの大きな臓器で酸素を沢山吸い込むその機能の方が大切だそうです。

 オルゴール療法では、どう考えているのでしょうか? 勿論、どちらの機能も大切です。2つの機能は肺も心臓も大切ですが、オルゴールの”ひびき”はどちらの機能も同じように戻します。「薬を服用しないでですか?」そうです。「え!オルゴールを聴くだけでですか?」そうですよ。

 超低周波から超高周波は、脳幹と視床下部の血流を回復するのでした。脳幹は肺と心臓をコントロールするのですから、肺と心臓の機能を限りなく元に戻すのです。その結果、心拍数も、血圧の数値も正常になるのです。高血圧も低血圧も同時に数値が良くなると言うわけです。勿論、他の臓器をよくするという条件のも基に健康回復するのです。

 

解説動画はこちら→https://youtu.be/X61HA67MrBQ

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。