“ひびき”のオルゴール療法 (その四)延命が出来る療法

“ひびき”のオルゴール療法は(その四)延命ができる 

 関東のある市立病院で心肺停止、瞳孔が開いて後、オルゴールマドリーの144弁が届きました。それから、3ヶ月近くを生き抜きました。医師は「当病院ではこの例は今までにありません」と言われました。命を閉じるまで、ナースセンターの救急ベッドのオルゴールを、ナースさんたちは「ストレスがとれる、気持ちがいい」と、良く聞きに来られたそうです。
 
 父は血小板減少性紫斑病で数値は300に下がりました。普通は20万なければならないのです。「いつ何時」と医師から宣告を受けました。パワーストーンもありましたが、144弁のオルゴールが届いてから数値はどんどん上り、最終数値は23万まであがりました。それを検証された別の医師も驚かれました。グラフに、取られた数値は明らかにオルゴール療法の効果を表していました。
 
 名古屋に住むお母さんは、肺水腫で、心臓も悪く、「そう長くない、いつ何時」と医師から宣告されました。それからオルゴールの144弁が届けられました。お母さんは、曲が気に入りたくさん聞かれたそうです。
 
 それからお元気になられ孫とお好きな川釣りに、菜園を始められました。心電図も色々な数値も良くなり、「元気です奇跡です母はオルゴールも“ラ・カンパネラ”の曲も好きでよかった」と千葉のお嬢さん。
 
 途中でモーツァルトの曲に交換された時、具合が悪くなり、すぐに取り替えてまたお元気になられました。お好きな曲がオルゴールに有ってよかったのです。
 
 「ご臨終です」と言われても心臓と肺が機能し、それにつれて他の臓器も元気になれば、延命が可能であることをこの三つの症例が証明しています。あきらめないで、オルゴール療法を続けましょう。
 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。