「下肢静脈瘤」が消えてなくなる不思議 “ひびき”のオルゴール療法

「下肢静脈瘤」が消えてなくなる不思議 “ひびき”のオルゴール療法

「下肢静脈瘤って膝から下に血管のこぶみたいな、幾筋も出来ているあれでしょう?「そうです。その下肢静脈溜ですよ。」「それがオルゴールの“ひびき”を聴くだけでどうして治ってしまうの?私の母も少し出て居るのだけど?」

 

 「そうですね、不思議な療法が出てきて少し戸惑いますね、しかし、ちゃんと理屈が解ると成る程、そういう理屈なの?とお分かりになるのです。今都会では、生体が本来住む理想の処、熱帯雨林などの処には、耳に聞こえない“ひびき”詳しく云うと、“ひびき”の周波数が超低周波のゼロ~20万、30万ヘルツの超高周波迄があると、これは耳で聞こえないのだけど、あるのです。」

 

 「その超低周波~超高周波が、脳の中枢部の脳幹、視床下部に届くと、脳の配下にある蔵器や器官40種類が正常に動き出すのです。その周波数が今、都会では、百分の一になっていて、環境悪化の一つになっているのです。」「百分の一ですか?」「そうです。その理想の“ひびき”がオルゴールにあることが解ったので、オルゴール療法というんですけど、そのオルゴールの音楽に自然界の“ひびき”があることが解って、不足の周波数を提供すれば、脳が正常に動き、それにつれて、40種類の蔵器や器官が動きだすのです。と云うわけです。」「その蔵器や器官40種類が正常に動くと下肢静脈瘤が治るのですか?」

 

 「そうです。血液は心臓から動脈を使って、毛細血管から末梢血管を使って細胞に送られているのですが、用が済んだ血液は静脈を使って元の心臓に戻ります。その時に血管の中の「弁」を使って押し戻されるのです。血管の中の沢山の神経が働いて弁が閉まり、筋肉の力で、血液を心臓に押し戻す、その時に神経が鈍くなり、血管の中の弁が、押し戻す力を失い、血液が溜まる症状を下肢静脈溜と呼んでいるのです。」 

 

 「それで、視床下部に“ひびき”を聴かせると神経の機能が正常になり、血流が元のように戻って下肢静脈瘤が消えてなくなるのです。」「不思議ですね。下肢静脈溜は血管を繋ぎ治すか、焼き切るか、方法が無いと母が云っていましたけど、教えてあげたいですね」「そうです。オルゴールを聴けば良いのですから簡単でしょう。」「良く解りました。」

 

 「大切なことは、良く調整された“ひびき”の強いオルゴールを求めるように云って上げましょう。それに、誤嚥性肺炎なども同じ理屈なのです。器官、食道の弁の機能が弱くなって起こりますから、そのことも教えてあげましょう。」「誤嚥性肺炎は、死因の原因では、高いですよね」

 

ご相談電話:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
      東京:0800-800-2512
      横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
      大阪:0120ー700ー704

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。