息子のひどい気管支喘息が、私の摂食障害に続いて、オルゴールで治った

息子のひどい気管支喘息が、私の摂食障害に続いて、オルゴールで治った!

のどが「ゼーゼー、」いう喘鳴、呼吸困難、発作性の激しい咳、痰、急に動けなくなる、胸の痛み、動悸、息切れ、背中の張り、空咳などの症状が一般的です。
 気管支喘息を軽く見てはいけません。大阪の大学を卒業して、東京へ就職した男性は、子供の頃からの気管支喘息で苦しんでいました。
 単身で東京に赴任した男性は、ある晩のこと、喘息が始まりました。そして、東京へ出て、僅かの間に、痰を喉に詰めて亡くなられたのです。
 母親の元にいるときは、狭い気管支に、痰が詰まった時は、痰を取ってくれていましたが、東京では単身のため誰も痰を取ってくれる人は、いませんでした。
 生まれて気管支の狭いお子さんは、喘息にかかりやすく気をつけなくてはなりません。
 
 神奈川にお住いの小学生の男の子は喘息で苦しんでいました。お母さんの摂食障害をオルゴール療法で治したので、息子の喘息を治したいと思い、オルゴールを聞かせました。お父さんは「オルゴールなんかで喘息は治らない」と思われました。オルゴール療法で喘息が治った時「お母さん、僕の喘息はオルゴールで治ったんだよね!」と言いました。
 あのひどい気管支喘息が直った時、お母さんは息子の喉元に耳を当てて、ヒューヒュー音が極端に少なくなっていることを確認しました。
 気管支喘息が、子供に多いのは気管支が狭いために起こるとされています。ひびきによるオルゴール療法が、喉の通り道を、本来の広さに広げたことが伺われます。沢山の改善症例から、ひびきが脳幹と視床下部に伝わり、生体本来の姿に戻ることを多くの改善症例から学びました。
 その原理から行くと、気管支が正常に広がることも考えられることです。成長期の子供に、その事を期待しても不思議ではありません。
 気管支喘息を根本から改善されるとなると、それは細胞レベルの改造であり、その気管支の正常化と気管支の果たす機能が、正常になったと考えられます。少し難しくなってきましたか? 臓器である器と、その機能の2つが正常になったのだと考えられます。
 薬だけでは、無理があるのではないでしょうか? 医師の先生が、オルゴール療法を、取り入れて、一緒にされる時代が来ると良いですね。
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。