気をつけよう!レジオネラ菌と加湿器肺炎 オルゴール療法豆知識

気をつけよう レジオネラ菌と加湿器肺炎 オルゴール療法豆知識
 加湿器 暖房機 ひざ掛けがオフィスの女性の、三種の神器とされてきました。その加湿器から出る加湿器肺炎が健康を害し危険とされ、問題になっています。身を守る加湿器にどんな危険が潜んでいるのでしょう?
 
 加湿器が原因でかかる病気のことを「過敏性肺臓炎」と言い、主な原因は、加湿器を不衛生な状態のまま使用し、オフィスで働く人の 半数が全身の倦怠感などの症状が現れ、重症化すると呼吸困難に陥ることもあるとされています。
 
 加湿器肺炎は加湿器の中に発育したカビや、レジオネラ菌などを吸い込むことで起こり、カビ自体は、病原性が弱く肺に直接炎症を起こしませんが、肺や気管支がカビによるアレルギー反応を起こすことが加湿器肺炎の原因となるそうです。
 
 加湿器肺炎は過敏性肺臓炎というアレルギー性肺炎の一種なので、通常の肺炎の治療薬である抗生物質の抗菌薬は効果がないのだそうです。
 
 症状は発熱、せき、息苦しさなど通常の肺炎と同じで、症状が通常の肺炎と変わらない加湿器肺炎を、医師はどのようにして見極め、治療にあたるのでしょうか。また、予防はどのようにすればいいのでしょうか。高齢者や新生児、持病などによって抵抗力は弱っている人は用心しなければなりません。
 
 汚れた水を使った加湿器が原因でレジオネラ肺炎を起した新生児室の給湯設備のお湯や加湿器などから放出されたレジオネラ菌により、新生児が肺炎や気管支炎の集団感染を起こした事例があるそうです。こわいですね。
 
  加湿器を利用すること、適切な湿度を保つことは必要なことです。水道水にレジオネラや非結核性抗酸菌などが混入していたり、管理が悪いタンクの水には緑膿菌が繁殖したりしていることがあり、水を沸騰させて蒸気を作るスチームファン式やスチーム式の加湿器では、カビや細菌が空気中に散布される心配はほぼ無いそうです。
 
 抵抗力が正常な人は、どのタイプでも加湿器が原因で肺炎を引き起こすことはないのだそうです。それでも不適切な管理の加湿器は、抵抗力の弱い人に重篤な感染症を引き起こし加湿器の清掃、メンテナンスが必要です。
 
  日常的にオルゴールを聞くようにしましょう。肺は最も重要な臓器とされます。肺や心臓を強くして抵抗力を正常にしておきしょう。抵抗力を強くしておきましょう 。

オルゴール療法研究所所長

予約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。
   相談電話:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
       東京:0800-800-2512
       横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
       大阪:0120ー700ー704
   体 験 会:60分間の簡単なご説明とひの木のベッドの体験会です。質問も受けられますよ。
  会   費:2、000円
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。