「訪問看護のお宅で借りた和式の便座が使用出来なかった痛みとこわばりの  関節リウマチの苦しみ

「訪問看護のお宅で借りた和式の便座で使用出来なかった忘れられない膝の痛みの関節リウマチの苦しみ!今の幸せをオルゴール療法研究所は受け止めてくれました。

 

 訪問看護の仕事をしています。以前から治らない関節の痛みの関節リウマチを患っています。関節の節々の痛みがあり、最近足腰の関節リウマチの痛みがひどくなりました。

 立って歩いてる時は誰にも気づかれませんが、関節を使う時には、傷みのひどい関節リウマチを気がつかないようにするには相当覚悟が入ります。

 関節リウマチの痛みがひどくなってどのくらい経つでしょうか?病院で関節リウマチの診断を受けて、それ以来節々の痛みがひどくなっていました。  

 大きな病気はこの痛みとこわばりの関節リウマチです。痛みとこわばりがなければ、指の第二関節のふくらみやこわばりが気がつかれずに済むのですが。

 正座しなければならない、立ったり座ったりの関節を使う仕事は本当に困っています。

 ホームページからオルゴール療法を探し出し痛みとこわばりの関節リウマチの改善症例が沢山あることに驚きました。信じるしかないと大阪のオルゴール療法研究所を訪ねる決心をしました。

 梅田にあるオルゴール療法研究所はすぐに分かりましたが、オルゴールと言うおもちゃっぽいものに何ができるかなかなか信じる気になれませんでした。

 研究所には、所長がおられて、オルゴール療法の原理から痛みとこわばりの関節リウマチの改善症例を沢山あげられました。その自信のある態度と目をそらさない真面目な話っぷりに信用することにしました。

 オルゴールはおすすめの通りディスクオルゴールを注文することにしました。高価でしたが、シリンダ型のオルゴールより、音が、強いディスクオルゴールを勧められ購入しました。

 何よりも音色の素晴らしさが気に入って、これだと思いました。音の強さもありますが音色の魅力に引き込まれました。

 このオルゴールで関節リウマチの痛みやこわばりが取れれば良い、オルゴールは残るし代々の宝物になるし、一挙両得だと思いました。

 母や弟にもオルゴールを聞かせてあげよう。今の家で近所の人に聞かせてあげられると思いました。

 当日、所長さんが私の関節リウマチの為に直接オルゴールをお持ちになり、ここで近所の方にオルゴール療法をしたいと希望の言って喜ばれました。

 ディスクオルゴールは四畳半の部屋でよく鳴りました。隣近所に迷惑なことに音が大きなことが心配でした。

 

関節リウマチ相談電話:03-6262-0741営業時間10時~17時。

オルゴール・セラピールーム       究極の“ひびき”の療法です。関節リウマチの症状を取るベッドです。

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法。
会費:2、000円個別療法:5、000円

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。