私たちは、宇宙からの“ひびき”に守られている 宇宙物理学 佐治晴夫先生

“ひびき”は日々の健康法、人間は、宇宙からの“ひびき”に守られている宇宙物理学佐治晴夫先生

 病気の一つだけを治す医学常識の中で、身体の全ての病気を治す脳からのオルゴール療法が世に出て25年が経ちました。どのような療法なんでしょうか?
 
 一つの病気を特定する対処療法と複数の症状を同時に改善するオルゴール療法と、どちらがいいかといえば、それは複数の方が良いに決まっています。 
 
 複数といっても難病から軽いものまで30種類も50種類も、恐らく隠れているものを含めるとおそらく50種類も100種類もあると思われます。
 
 「信じられません」。そうでしょうね。現在数えられるだけでも一人で30種類の病気が治っています。検査に引っかからない自覚症状のないものまで入れると100種類あっても不思議でないのです。秘密はオルゴール療法は脳からの治療法だからなのです。
 
 大脳小脳以外に脳幹、視床下部の存在が脳にはあるのです。脳幹は心臓と肺を、視床下部は全身の神経、ホルモン、代謝、飲食、体温調節など、心と体の機能を調整しています。オルゴールのひびきは、脳幹と視床下部を、もちろん大脳も小脳他すべての脳を調整する機能を持っているのです。
 
 そんな脳があったのですか? そうです。私たち人間は、外の動物より、脳が発達して、脳もさまざまな部署があり、からだを守るそれぞれの脳があるのです。その一つに生命中枢脳と呼ばれる脳幹と視床下部があり、その脳が、からだ全部の機能をコントロールしていて、それぞれ役割があるのです。
 
 脳幹は大切な肺と心臓の働きを調整し、視床下部は全神経、ホルモン分泌、血液、リンパ液、体液などの代謝機能、そして体温調節と飲食の調整です。
 
 その脳は、地球に生命が誕生し、やがて海が出来て、そこに魚が生まれました。人間の祖先は魚だと、宇宙物理学の佐治晴夫先生は、私に教えました。やがて魚に足が生えて、陸に上がり、四足歩行する動物に進化したそうです。地球規模の水害が起こり、立ち上がって、二足歩行になり、ホモサピヱンス、が生き残り、今の人間が育ったのだそうです。
 
 人間は、宇宙の一部である、地球に、生まれ育ち、宇宙からの“ひびき”が一部”光”となり虹となり、更に“ひびき”となり、音となっているのだそうです。その“ひびき”の中に育っていながら、今までその恩恵に気が付かなかったというわけです。
 
 オルゴールに“ひびき”を見つけてオルゴール療法という医療法、健康法が生まれたのです。後に、旧文部症の大橋力先生は、“ひびき”が脳幹と左視床下部の血流を促進することを第4回国際神経学会が発表され、“ひびき”の科学性を発表されました。
 
 “ひびき”は私たちの脳を元気にして、からだの不調を複数同時に調整して、心とからだの不調を溶くオルゴール療法となり、500症例、1万五千症例の改善となり、次世代型の脳からの療法となったのです。オルゴール療法研究所は、世界に発信して多くの疾患を改善し、人々を健康にして、幸せをお届けします。


 

予約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。

オルゴール・セラピールーム       究極の“ひびき”の療法です。

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

     東京:0800-800-2512

     横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
     大阪:0120ー700ー704
体  験  会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会  費:2、000円  個別療法:5、000円

 

 

 

 
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。