軽い痛み、痛み、激痛、超激痛、様々の痛みは何故起こるのか?

 軽い痛み、痛み、激痛、超激痛、私たちに様々の痛みは何故起こるのか?

 町の薬屋さんで一番売れているのが痛み止めだそうです。それ程、痛みは多く発症され、その痛みに、驚き薬の購入に走ります。各種の痛み止めの薬を置いておけば、良いと薬のスーパーは自慢します。

 私たちは、頭痛がしたといえば、夜中でも薬屋さんに走ります。この痛みさえなければ良いと考えて、夜の応急の薬に救いを求めます。痛みが止まると次の日は何とも無しに仕事が出来て、そのまま忘れています。

 頭痛であっても、軽い痛みであれば、それで良しとして放置され病状は悪化します。頭の痛みは一番危険とされています。

 痛みの本質は、「ここが異常ですよ」と知らせるシグナルの役目もあります。「大変ですよと」と教えてくれている、それなのに、痛みさえ熔ければ良い、この痛みさえ無くなれば良いと安易に考えるのは、軽い内はいいでしょうが、長く放置されて、病状を重くしているのではないでしょうか。

 痛みの一番ひどいのは視床痛と云われています。「腕を切り落として、叫ぶ程のいたさだそうです。劇薬もモルヒネも効かないそうです。三叉神経痛も相当痛いと云われていますが、ご本人でなければ、その痛さは解りません。病名を付けられ、テグレトールのような強烈な痛み止めが処方されます。7錠オルゴール療法はこの熔けない痛みを1年かけて溶いているのです。

 病気を治すことで、痛みを取るのでなければなりません。脳梗塞の後遺症の女性が、オルゴール療法をした途端「痛みだした」と云われました。「神経系が蘇った証しですから心配いりません」。その後で、痛みが無くなり、次々と痛みを出しては消えるのを場所を移しては消える現象を起こしました。

 痛みを出し、なくすを繰り返すのは良いことだとオルゴール療法は脳からの処方ですから悪い副作用がなく、安心しておれるのです。

 怪我や火傷の痛みは、激しく、苦しいものですが、これは、原因が分かっていますので、痛みに慌てることはありません。手術など処置をすれば、その後のオルゴール療法では、術後の処置に回復も痛みも三分の一になることが解りました。

 盲腸の痛みを医師はピタリと当てますね。たいしたものです。腹痛は苦しいですね。私は子どもの頃良く腹痛を起こして、母おやを心配させました。

 癒着の痛みも、大変です。ビールを飲んだり、お子さんをお腹の上を歩かせたり、オルゴールでその傷みを溶いて喜ばれました。

 子宮筋腫の超激痛がオルゴール療法で解けた方がオーストラリアと名古屋の方がおられます。

 癌と交通事故で家族の前で痛みに耐えかねて9ヶ月の命を今、19年益々お元気です。内科の医師がオルゴールコンサートで知って痛みを溶かれて長くお付き合をしています。

 痛みは苦しいですが、生体を本来ある、正しく調整される、痛みの排除でなければなりません。 日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 
予約電話:
東京:03-6262-0741 営業時間 10時~17時
スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512
横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
「体験会」:60分間で原理の説明とひの木のベッドの体験会です。
「個別療法」:病状へアドバイスと個別療法す。
「会 費」:2,000円,個別療法:5,000円

「アクセス」

東京日本橋
JR
  • 東京駅 日本橋口 徒歩8分,丸の内北口 12分
  • 神田駅 南口から高架線路沿いに8分
  • 新日本橋駅 2番出口から4分
メトロ
  • 大手町駅B6出口から8分・A2出口から10分
  • 銀座線 三越前駅A8出口から7分
  • 半蔵門線 三越前B1出口から5分「横 浜 元 町」
大 阪 梅 田
JR阪神阪急
  • 各線 大阪駅 中央南口より徒歩6分
  • 西線 北新地駅 徒歩3分下鉄
  • 御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
  • 谷町線 東梅田  徒歩3分
  • 四つ橋線 西梅田 徒歩5分
横 浜 元 町
JR:京浜東北線 石川町駅 元町口徒歩8分
みなとみらい線:元町中華街駅 徒歩7分

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。