オルゴール療法は安全か?

 
 安全の意味は生体に対して安全か?副作用はないか?薬機法に触れないか?など多くの被害を防ぐ意味があります。オルゴールは必ず自然界の音です。その内訳は音の響きと音楽です。
 
 自然界のひびきは周波数上では0から20万ヘルツなのです。これが有かと言うと、そうではなく、人類が誕生して以来15万年間このひびきの中で進化してきましたから、有害どころか命を支えるために必要なのです。
 
 音量は生体に害はないのでしょうか?まず大きな音ですが耳が捉える許容範囲を超えるものは耳が瞬時に防御して脳を守っています。
 
 それ以上の大きくて強すぎる音をオルゴールは持っていません。その点では安全だと言えます。
 
 ところが音の大きさはデシベルという単位で捉えますが、今、都会では熱帯雨林と比べてその強さが1/100になりむしろ弱すぎる危険があり、オルゴールの響きがこれを補う点で、必要な音を持っていると言えるのです。
 
 一方音楽はその崇高さ故に、心の滋養の意味合いからこれは、むしろ大切な要素です。
 
 それではオルゴール療法はどうでしょうか?療法というと警戒されるのは何故でしょうか?
 
 体を変化させる点で危険が伴うからだと考えられます。多くの医薬品や、サプリメントや、化粧品、食品や添加物、身体に塗るオイルなど、多くの有害なものがないか、薬機法が活躍しているところです。
 
 オルゴールで難病は改善、これは言論の自由でいくら言っても法に触れることがないと、薬機法のご専門からアドバイスをいただきました。
 
 では療法は体を変革させるために恐れられているのでしょうか?オルゴールの音楽とひびきはその性質上、何ら体に触れることもなく、脳は生命を支える自然界の必要な音として捉えられます。
 
 そのため、生命中枢の脳の機能を活性して生体のすべての機能を調整する、自然治癒力を回復するだけなのですから害は、ないと言えましょう。
 
 さて脳が機能回復することを人為的にしない、このひびきの療法はそれ自体が生体に働きかける上で危険性はないと言えるのではないでしょうか?
 
 私たちが手を下す行為は一切しない、脳があらゆる不調を解くということは、私たちの及ぶところではない、すなわち脳が全て行う、その点ではひびきの療法は危険性はないといえましょう。
 
 脳がその機能を上げて調整する、その結果、心身の不調を解いて、病状が複数同時に溶けることになるのです。
 
 私たちが病状を治すのではなく、脳が病気を解いているのです。私たちが治しているのではない、また、オルゴールが治してるのではない、と言えましょうか?  日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷
 

シリンダー型オルゴール
オルゴールは機械仕掛によって自動的に楽曲を演奏する楽器。音階を持つ硬い鋼をシリンダー型やリスク型のドラムに植えられたペンで弾いて音を出す。なかでもスイスオルゴールは220年の伝統があり、金属の硬さ、重さ、木の材質、調律法など職人たちの優れた感性と高い技術から作り上げられている。鋼の数が72を超えるスイスオルゴールの周波数を測定したところ現時点で超停止は3.75 L 柄超高周波20万ヘルツの出演回とほぼ同じ幅広い響きがあることが測定されている。

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。