オルゴール療法の始まり(3) 視床痛.パーキンソン.低血圧.自律神経症.鬱が!

 

いきなり視床痛、パーキンソン病、高血圧、自律神経失調症、鬱との出会い

 大阪の北摂にある箕面市小野原にオルゴールサロン・ルヴィーブルを開店して、世界でも珍しいオルゴールコンサートを始めました。一階のコンサートホールで、二階の足音が気になり、いっそコンサートホールを二階に移す方が良いと考え、工事を始めました。アンティークオルゴールの背が高く二階の天井の高さを上げるのに苦労しました。

 その間にオルゴールコンサートは一階の個室に移され、少人数で続けられました。ある日、 小野原に住む女性が、コンサートに参加されました。コンサート中ハンカチで目を覆い、涙を流されました。終わってからその方に「そんなに感動されたのならもう20分聴かれますか?」とお訪ねしたのです。それが後でとても嬉しかったと述懐されました。

 ご自分が視床痛という激痛でどの病院も治せないで、苦しんでいると言われたのです。それから毎日オルゴールコンサートに通われ、そのたびに涙を流されました。「気持ちが楽になり少し痛みが取れました」と言われたのです。大学病院でも国立の病院でも治せない視床痛が,その後、オルゴールで、激痛がとれたのです。

 お体が15度ほど傾いたパーキンソン病の男性は振戦がひどく、低血圧の症状で来られました。低血圧上がり、傾いた体が元に戻りバス停まで走れました。振戦のふるえが止まり、手紙が書けるようになりました。大阪から岡山まで車を運転して戻れるまでになったのです。

 オルゴールコンサートに参加している、男性が自律神経が正常になったと、ご報告ありました。また鬱症状がずいぶん軽くなったと喜ばれました。それからさまざまの症状が溶けていくことになりました。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。