病院の待合室や手術室の緊張する医師やストレスの溜まる看護師さんにオルゴールを!

 

 

病院の待合室や手術室の緊張する医師やストレスの溜まる看護師さんにオルゴールを!
 
 スタッフに聞いたところでは、看護師はとても忙しく、気を使うお仕事のために、ストレスがたまります。
 
 疲れるとオルゴールを抱きかかえなどして聞いたり、ストレス緩和を図っていたそうです。また看護師が聞く以外でストレス緩和や、一般救急の意識精神障害で、高齢者に多く見られる、 身体疾患や薬の影響など、せん妄を発症している患者にもきかせたそうです。
 
 時間や場所をうまく認識できなくなってしまう見当識障害や、注意力、思考力の低下などが引き起こす、「せん妄」の患者さんにオルゴール使用したと伺っています。
 
 病院などで、CDで聴く音楽でなく、生の美しい音楽で、病室の患者や緊張の高い医師や看護師さんたちに聞いてもらいたいものです。当日本オルゴール研究所でも、ストレス解消とお病気の改善が出来るオルゴールが病院の必要なところで採用される日が来る時代になりたいと思っています。 日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。