赤ちゃんシリーズ(23)特製のオルゴール・3/72弁“ローズ”

胎児・赤ちゃんの脳は“ひびき”と生の美しい音楽を待っています。健康なからだつくりは脳から!

 

特製のオルゴール72弁“ローズ”

 

 スイス、ジュネーブ近郊のサンクロワ村で200年の伝統を誇るスイスオルゴール、そのサンクロワで今もオルゴールを作り続けているのが、リュージュ社です。

 そのリュージュ社に特別注文で、オルゴールル療法用として、オルゴール療法研究所のために作られている機種のひとつが“ローズ”です。

 弁の数は72本、5オクターブ半以上といわれる豊かな音域を3段階のスライド機構で演奏します。箱には美しい象眼細工が施され、その名の由来であるバラが見事に咲き誇っています。

 しかし、“ローズ”の最大の特徴は、象嵌細工の美しさもですが、木の箱の材質にあります。厳選されたクルミの根材を使用することで、他にはない重厚な低音が奏でられます。この低音が音楽全体を支え、オルゴールとは思えないほどの豊かな演奏をしてくれるのです。この“ローズ”から生じるひびきの美しさと強さが、オルゴール療法にとっても、ひじょうに重要な要素なのです。

 曲はバロック時代の名曲パッヘルベルの『カノン』を推奨しています。

繰り返しの特性を持つ「メロディ」落ち着きの「下降旋律」、また中庸の曲として私たちの気持ちをどんな時でも受け止めてくれる『カノン』は、オルゴール療法にこれ以上ないほどマッチした曲であると確信しています。日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。