胎児・乳幼児に“ひびき”(9) オルゴールに“最高のひびき”の発見!

 

 

(9) オルゴールに“最高のひびき”の発見!

 

144弁のオルゴールは音符が多く、オルゴールの櫛の歯が沢山動く為にひびきの量が豊富で、その分効果が高いのです。

 

 

オルゴールに3.75~20万ヘルツの超低・高周波

日本オルゴール療法研究所と大阪大学産業科学研究所で、スイスのオルゴールに3.75ヘルツから20万ヘルツまでの広範囲の周波数が測定されました。宇宙物理学の佐治治夫教授は、「数値は測定器の限界だろう。0。001から出ているだろう」と推測。

 

 

生命を支える周波数が熱帯雨林の100分の1に悪化

 

マタニティに、生命を支える、極上の光と水、オゾンと土と食物、 “ひびき”は重要。    

都会の“ひびき”は熱帯雨林など自然界の100分の1に減少し、心身の機能を弱める要因のひとつになり、デジタルの音による人工音の音楽では、生命中枢脳に届かず、脳を活性する力が不足。

 

“ひびき”と脳による血流の改善

真っ青の指先が“ひびき”を提供して90分後には、10℃も上

第四回国際神経学会で発表された高周波を持つ音楽が脳幹と左視床下部の血流を回復した貴重な画像。

がっている症例です。当研究所で1500症例を測定し、195例で5℃~13℃上がったデータをひびき

の学会で発表して、効果に大きな賛同を

得ました。血流の回復こそ、心身の機能の調整に欠かせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

“ひびき”と脳による血流改善

旧文部省の大橋力教授は高周波の音楽が脳幹、左視床下部の血流を回復することを検証され、第4回国際神経学会で発表。右の図は、高周波のひびきのある音楽を聴いたときの脳幹の血流が上がった貴重な画像です。


ご予約の電話:

東京:03-6262-0741 営業時間 10時~17時
スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512
横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
「体験会」:60分間で原理の説明とひの木のベッドの体験会です。
「個別療法」:病状アドバイスと原理と体験会です。
「会 費」:2,000円, 個別療法:5,000円

「アクセス」:

東京日本橋
 東京都中央区日本橋本石町3丁目2-6ストークビル7階
JR
  • 東京駅 日本橋口 徒歩8分,丸の内北口 12分
  • 神田駅 南口から高架線路沿いに8分
  • 新日本橋駅 2番出口から4分
メトロ
  • 大手町駅B6出口から8分・A2出口から10分
  • 銀座線 三越前駅A8出口から7分
  • 半蔵門線 三越前B1出口から5分「横 浜 元 町」
大 阪 梅 田
 大阪市北区梅田1-3-1大阪駅前第1ビル3階 令和4年11月3日から新しく大阪駅前第1ビル3階に移転
JR阪神阪急
  • 各線 大阪駅 中央南口より徒歩6分
  • 西線 北新地駅 徒歩3分下鉄
  • 御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
  • 谷町線 東梅田  徒歩3分
  • 四つ橋線 西梅田 徒歩5分
横 浜 元 町
 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5階 
JR:京浜東北線 石川町駅 元町口徒歩9分
みなとみらい線:元町中華街駅 徒歩6分

 

 

 

 

                    日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。