父の空腹時血糖値が300から150になり家族で喜んでいます

 「77歳の父が糖尿病を患いいつも空腹時の血糖値は280~300近くでした。毎日夜中の3時に目を覚ますのに、オルゴール療法をはじめてから朝までぐっすり眠れるようになり頭がすっきりしているそうです。

 小さい音にも敏感で、すぐに目を覚ましていました。オルゴールを聞き始めて1回目からぐっすり眠れるようになり、昼寝の時も目が覚めなくなっています。眠りが深くなって元気さが以前と違います。

 オルゴールを30分聞くと、血糖値は100下がるのです。そして最近になって、300近くあった数値が150まで下がっています。

 父は紫斑病の数値が正常になり、今度は血糖値まで下がり、こんな嬉しいことはありません。

 父は入退院の心配もあって、あまり笑顔を見せなかったのに最近、笑顔を見せるようになりました。血色が良くなり、顔がふっくらしています。家族の中の話しにも加われるようになり、しゃべることが苦にならない様子です。

母が『父の体調ばかり気にしていたのが楽になった。これからは、私の為にオルゴールを聞くわ』と言っています。父の血糖値が300→200→190→150になり家族で喜んでいます。

オルゴール療法は凄いと思います。離れている4家族のいろいろな症状がよくなってそれぞれに喜んでいます。最高の出会いをさせて頂きました。 2008年3月1日 77歳男性 兵庫県 I.M.さん

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。