飛蚊症.緑内障が消え1ヵ月で眼圧が下がり医師が驚いています

 「1ヵ月前に、目に無数の黒点が飛ぶ飛蚊症が出て眼科で診断を受けました。緑内障と診断され、『眼圧が極端に高いのでこのままでは失明しますよ』と言われてショックでした。

失明と聞いてパニック状態になり医院からの帰途が精神的なショックで大変でタクシーを使わなければなりませんでした。視野が狭くなり目にストレスを与えないように車の運転を禁じられたのもショックでした。その上夕方決まって、ストレスが重なる頃に飛蚊症が出ます。日光がきつく感じられ、濃いめのサングラスをするようにしていました。

 ホームページで緑内障にオルゴール療法が良いと判りすぐに始めました。7月21日から、療法を3回受けた後で、眼科で再び検査を受けたとき、『眼圧が下がっている』と医師が驚きました。そして小さい無数の黒い点がほとんど気にならなくなっているのに気がつきました。飛蚊症が今消えています。8月の眼科の検査が楽しみです」  7/31 

 「昨日緑内障の検査を受けました。以前眼圧は23でしたが、『眼圧は正常です。異常ありません。緑内障は治っています』と医師に言われました。研究所から『緑内障は血行不良が原因です。オルゴール療法で血行が良くなって体温が上がると眼圧が下がり、緑内障は治りますよ』と言われていたのが本当になりました。

 飛蚊症も沢山出ていたのに今はありません。夜のライトが目にきつくとても車の運転が出来状況ではありませんでしたが、1週間前から運転が出来るようになりました。夜中に必ず2回トイレに立っていたのに1度も起きなくなりました。身体全体がやわらかくなったせいか、階段を上がる時に音を立てずにスムーズに上がれるようなりました。緑内障も治って、身体全体が良くなっている感じです。緑内障を治すのは難しいと聞いていましたが、本当に良くなって驚いています」8/28 

「30歳代の時に緑内障と診断されたのです。左の目が半分くらい視野が狭くなりました。右は普通でした。手術が要るかも知れない、『緑内障は一生の治りませんよ』と言われてショックでした。

 オルゴール療法を受けてのちの先日の緑内障の検査で左に飛ぶ光が後ろの方へ廻ったときもしっかり見えたのです。眼圧が下がり、視野が戻ったので、先生にオルゴール療法のことを話しましたら、『眼圧がオルゴール療法でこれ程下がるものか』と驚かれたのです。

 日頃、テレビは出来るだけ見ないようにして、昼間2時間程オルゴールを聞きます。夜8時~10時まで2時間、更におやすみのときに1時間は聞いて寝ます。

 私の緑内障が治たのですが、面白いことに家のシーズ犬がいつもオルゴールで2時間私と一緒に聞きます。べったり手足を伸ばしています。これ程リラックスしているのを見たことがありません。

 ペット達は正直で敏感です。オルゴールの力が良く分かります。緑内障に効いたのもリラックスして血液の循環が良くなったせいだと理解出来ました」 9/16  C.K.さん 50歳代 女性

 

コメント:緑内障・白内障・飛蚊症

数回の療法で早い効果が出ました。緑内障にこういう即効性が期待出来れば朗報です。

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。