シェーグレン症候群、眼圧が下がりこわい緑内障から解放されました。

 「乳ガンの手術からバセドウ病やシェーグレン症候群白内障緑内障を抱えました。両親と舅・姑と4人の面倒を7年間続けて、心身共に疲れていたのでしょうか。ほっとした途端にいろいろと症状が出て、外科や眼科に通うようになり、やがて入退院を繰り返しておりました。

 4年前に乳がんが発見され、手術、投薬、放射線治療と次々に処方され、お陰様で今は落ち着いています。眼科では網膜剥離と白内障、緑内障に掛かり、眼圧が高く、緑内障では目の薬を頂戴して通院しました。シェーグレン症候群にステロイド系の薬を2ヶ月間続けました。

 ある方のご紹介でオルゴール療法を今年の1月26日から始めました。療法の3回目でオルゴール館まで、歩くのが難しかったのに、電車に乗り換えて歩いて来ました。身体が今までになく軽いのです」 1/28 
「4回目にアルビノーニのアダージオを聞いて涙が止まりませんでした。涙の出ないシェーグレン症候群と診断されて以来です、初めて涙が出ました」
「5回目 体温がいつも35.4℃なのに36.2℃まで上がっていました。身体がとても軽く感じます」
「6回目 体温がなんと36.6℃まで上がっていて驚きました。今まで絶対に上がったことのない体温になっています」2/7
「8回目 オルガンの音で心臓がバクバクと感じました」3/16

「9回目 昨日眼圧検査で13㍉㍍HG まで下がっていて医師が不思議に思われ、計測が間違っているのではないかと計り治しましたが間違いなく下がっていました。いつもは、17~18㍉㍍ HG なのに、それが正常になっていて驚きました。2ヶ月足らずで眼圧が正常になり、むつかしいと云われていた緑内障が改善されるなどとても信じられません」3/19

 「10回目、高血圧で以前148-82だったのですが現在は123-79です。体温はずっと36.7℃です。足が冷たく、足湯をしたりいろいろ体温を上げることを試してきて、絶対に上がらなかった体温です。オルゴール療法を毎日したお陰だと喜んでいます。身体が暖かくなりました。いまだに信じられないです」  5/19 M.I.さん 宝塚市 50歳代女性 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。