仕事上のストレスから狭心症となり不安な毎日でした

「2002年の5月頃から仕事からのストレスがたまっていると感じていました。少し体重が増え胃の周りに余分の脂肪がついたなと感じ初めていた頃でした. ある日朝の布団の中で、突然、胸が苦しくなり、しばらく息を詰めて我慢しました。その後何ともないので、ほっておいたのです。しばらくして、この胸の苦しさが 頻繁にやって来て、目の奥が針を刺したように傷み始めたのです。

これはただ事でないとあわてました。国立循環器病センターで狭心症と診断され、薬にニトログリセリンを頂戴した時は、心中穏やかでは有りませんでした。自分がニトロを常備して持ち歩くことなど想像もしませんでした。いつ発作で倒れるか分からない程の病気だとは思いたくなかったのです。

以前から知っていたオルゴール療法に毎日通う日が続きました。病院では、様々の検査を受けました。自宅では血圧を計る毎日でした。苦しくなると人知れず、ニトロを舐めて、苦しさを凌ぎました。

オルゴール療法は、大層気持ちの良いものでした。初めオルゴールで狭心症が治るとは思いませんでしたが、ストレスを取るには最適と思ったので、自宅でも努めて聞きました。一ヶ月も経たない中に、いつの間にか、狭心症の発作がなくなっていました。不思議なほど安定しています。ニトロは1年も財布の中で眠ったままです。

Y.S. 60歳代の男性

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。