口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)臨床応用研究会 症例4.

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)60歳代・女性 保利友美さん(仮名) 
 22年前の42歳のときに皮膚科で自己免疫疾患の口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)と診断されました。口の中が糜爛状態で難儀していました。
 固いもの、辛いもの、熱いものが食べられない、粘膜だけでなく筋肉まで痛くて、その上35度台の低体温で、眠れず睡眠導入剤を服用しています。 
 2016年2月2日にオルゴール療法を紹介されて体験会に参加しました。その時から鼻がスーと通り何か身体の調子が良いように感じました。
 2月19日5回目のグループ療法で糜爛(びらん)が改善し、オルゴール療法の効果に驚いています。

 6回目の療法で口の中が楽になりました。タイセンが全くなくなっています。以前から金属アレルギーもあって困っていましたのに、ポカポカと温かくなり、少し前まで糜爛(びらん)がひどくて辛かったのに、こんなに早く良くなって感謝しています。

 オルゴール療法をはじめてから睡眠導入剤は飲まずにいます。オルゴール療法中はうつらうつらと眠っているようです。

 3月になって月に6回のグループ療法に参加し、自宅で3時間はきいています。オルゴール療法を始めてから“糜爛(びらん)”が良くなり、薬をやめています。

コメント:
22年間の糜爛、しかも口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)ですと普通の口内炎では、考えられないようなひどい症状の方もおられます。
 ひびきの療法は、その症状だけを抑える治療と異なり、隠れた不調までも良くしていると考えられ、その中で、研究所の6回目の療法でたいせんが全くなくなっています。
 3月24日に144弁のアンボイナが到着して1日3時間は欠かさず聞いておられます。
 ご主人が144弁のアンボイナを聴いているそばで、自然と身体に入っているので1日4~5時間は聞いておられるそうです。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。