脳梗塞の後遺症から視床痛の激痛が消えて医師もびっくり! 今では走れるまでに回復

 激しい視床痛の痛みに耐えるため薬を上限まで飲んでいた

 私は201 8年11月に左脳に脳出血が起こり、救急搬送され入院しました。集中治療室で1週間は面会謝絶で記憶を失っていました。その後、右半身不随状態で目を覚ましました。高次機能障害と診断されリハビリ専門病院に転院、トレーニングに励んで、仕事にも復帰しました。

 しかし、 2019年4月に脳梗塞後遺症である激しい視床痛を発症しました。くすりを上限まで飲まなければ耐えられないほどの激しいめまいと吐き気に襲われます。それでも責任感から仕事に励んでいましたが、医師から「このままお薬にだけ頼って無茶をし続けていたら命に関わりますよ」と忠告されました。

 音が脳に染み込んでいき温かく広がる感じがした

 視床痛を抑える良い治療法はないものかと、妻がインターネットで探してくれて、見つけたのがオルゴール療法でした。オルゴール療法研究所は遠くて通えないので、まずはレンタルで試してみることにしました。

 オルゴールを聴いた瞬間のことは今も忘れられません。音が脳に染み込んでいき、温かく広がる感じに驚きました。自分でも血行が良くなっているのが解り、「これは本物だ」と解り、オルゴールを購入することにしたのです。それから、毎日オルゴールを聴いていました。

 ピーク時と同等の痛みが好転反応として現れましたが、投薬治療とオルゴール療法で乗り切りました。そして、 驚いたことに1ヶ月後には痛み止めを飲む量が8割以上減ったのです。

 私は脳外科とペインクリニックに通っていますが、医師の先生たちが私の変化にびっくりして、「信じられない」 「本当に痛みがないのか?」と何度も言われました。

 歩くのもままならなかった私が軽く走れるようになったのを見て、 「回復を信じざるを得ない」と医師も認めるようになったのです。

 最初はゼンマイを妻に捲いてもらってオルゴールを聞いていましたが、電動式モーターに変更をしてからは1日中、オルゴールを聞きっぱなしです。

 聞き始めてからポカポカして体温が上昇し、 35℃後半から36℃後半に1℃体温がアップしました。代謝が良くなり、汗が良く出て、体重が減ったのも驚きました。中性脂肪の数値も悪かったのですが、いまはピーク時の10分の1となりました。基準値に戻ったのです。体幹もしっかりしてきて、片足立ちや靴下をひとりではくこともできるようになり、身体の機能が回復してきたのが嬉しいです。同じような病気や痛みで苦しんでいる方に私の経験が役立つことを願っています。    佐々木吉祥さん(仮名)43歳 山口県 

 

 脳に直接働きかけるひびきで痛みを軽減し、機能も回復

                      都立駒込病院脳神経外科部長 篠浦伸禎

 痛みの強さは恐怖心によって2倍になることが分かっています。視床痛で強い痛みを経験すると、ますます痛みを感じやすくなることが考えられます。一方で、オルゴールの音が視床下部に届くと、痛みが生じる回路に変化が起き、痛みが消える可能性があります。脳に直接働きかけるオルゴールのひびきは脳の機能の活性化にも期待ができます。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。