コロナ禍で発症の不眠症がオルゴールで9時間も深く眠れるようになった

電磁波過敏症なのか眠れない日が続きました

 私は昨年、コロナ禍で、不眠症になり、夜中の3時、 4時まで目が冴えていることがよくありました。少し眠りについても、夜中に何度も目を覚ましてしまいます。

 寝るときになると体温が熱くなり、肩こりや筋肉痛も起こります。その為、夜が来るのが怖くて不安になり、寝室と隣の部屋を行ったり来たりすることもありました。眠れない日が続くと、当然、身体は疲れます。 呼吸も浅くなり、ストレスを感じていました。

 原因をネットで調べていたところ「電磁波過敏症」が見つかり、この症状ではないかと思いました。自粛生活で家にいるため、ネットやスマホによって電磁波を浴びる機会が多くなっていたののだと理解しました。

 病院に行きましたが、電磁波過敏症の特効薬はなく、薬は処方されませんでした。市販の漢方薬を飲んでも効果がなく、電磁波過敏症の治療法を模索していたところ、はじめて、オルゴール療法を知ることになったのです。

初めてオルゴールを聞いた時に涙が出て感動しました

 昨年7月に、日本オルゴール療法研究所に伺い、体験をさせてもらいました。オルゴールを聴いたときは涙が出てきて、とても感動しましたが、不眠症など身体の変化は特に感じませんでした。週に1度、オルゴール療法研究所の施療所に通うようになりました。それから心からリラックスできるようになり1時間があっという間に過ぎるようになりました。

 最初は集中して聞かなければならないと力が入っいましたが、 「自然体でよい」といわれ、力を抜くと眠たくなりました。さらにオルゴールを聴いて、体温が上がって、汗が吹き出すように感じるようになりました。呼吸が深くなり、オルゴールのひびきに体が喜んでいるのを感じました。

 そして1ヶ月が過ぎた頃には、これまで週に5日は眠れなかったのが、週に1日に減り、その後ちゃんと眠れるようになったのです。

 オルゴール療法に通うのが楽しみになりました。 9月からはオルゴールを購入して自宅でも毎日聴くようになりました。昼食後のお風呂上がりの仮眠に、夜の眠る前にも聞き、身体にオルゴールを分けて聴くことも多くなりました。

 ときには、9時間も寝てしまいぐっすり眠れるようになり、幸せを感じるようになりました。目の疲れが取れ、驚いたことに視界が明るくなったのも嬉しい効果です。眠れるようになると力が湧いてきて気持ちも前向きになりました。オルゴール療法の存在に感謝しています。 金田浩子さん(仮名)56歳 神奈川県

自律神経の乱れが整って不眠も解消されたのでは

   都立駒込病院脳神経外科部長 篠浦伸禎

 電磁波がストレスとなり、自律神経の乱れを引き起こすことがあります。自律神経の乱れによるものだったのでしょう。しかしオルゴールを聞くことで脳の生命中枢の視床下部が刺激され、血流が良くなると自律神経が整います。その結果、良く眠れるようになり元気になれたのだと考えられます。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。