不眠症解消 不眠症解消 臨床応用研究会 症例1.

不眠症解消  40歳代・女性 酒元夕子さん(仮名)

 2001年 8月 眠れなくなりました。生理不順の為に漢方治療で通っていた婦人科で、眠れる漢方も処方してもらいましたが、なかなか眠れず、土日にまとめて、どっと寝るような状態でした。仕事に差し支えが出て、出勤できなくなりました。

 10月 不眠が生活に支障をきたすようになり、婦人科の紹介で精神科クリニックを受診、睡眠薬、安定剤の服薬を始めました。

 2009年 3月 母が新聞広告で「オルゴールは脳に効く」を見つけ、本屋に注文、HPを閲覧。眠れてなくて外出がしんどいときでしたが、這うようにしてオルゴールを聞きに行きました。

 この頃の不眠の状態は、安定剤、導入剤、睡眠薬を飲んでも、寝付けない、眠れない、時間を掛けて寝付いても、2~3時間で覚醒するといった状態で、時々昏々と眠り続けてしまう日があるという状態でした。

 母がオルゴール療法研究所で個別相談を受けて、オルゴールが自宅に届き、オルゴールを聞き始めました。昼間も気持ち良いので何度も聞きました。夜になって、目が覚めて「あれ?今、眠っていた?」と、かなりショックでした。

 主治医に「普通の人が飲んだらぶっ倒れるくらいの薬を飲んでいる」と、と言われるほどに眠れないでいたのに、驚きました。飲んだら30分以内に布団に入るように言われていた導入剤が効かず2~3時間も寝付けないでいたのに! 6~7時間くらい眠れるはずの長期作用タイプの睡眠薬を飲んでも、2~3時間で覚醒していたのに!

 4月 最初の受診日に、相変わらず薬が効かないと文句を言う私に、主治医が「わかった。いったん導入剤、睡眠薬を止めよう。」と言われ、きつい依存性の薬を出されませんでした。

 その夜から、オルゴールだけで眠る日が始まりました。さすがに、最初からスムーズに眠れるわけではありませんでした。そのうち、うとうと出来るようになって、少しずつ変化が現れたのです。

 睡眠リズムが完全に狂っていて、昼間に長時間眠ってしまうこともあったので、それを我慢して1時間ずつ夜にずらしていく努力もしながら、オルゴールを聞き続けて、寝付きも良くなり、また眠れる時間も延びて行きました。

 次の受診日に、主治医が「薬も身体から抜けたやろうから、新しく合う薬を探していこうか」と言われましたが、私は「もう少し薬なしで様子を見たい」と答えました。

 6月 結局、正しい時間帯、夜に、正しく眠れるようになるまで3ヶ月かかりました。
 
 2001年10月から2009年4月まで種類や量は変化しながらも飲み続けた導入剤、睡眠薬が、オルゴール療法で、それも3ヶ月の自宅療法のみで、いらなくなったのです。これには、主治医も驚いておられましたが、とても喜んでくれました。今も、薬なしで、良質な睡眠が取れています。
  
大阪府の女性です。症例1 不眠   
オルゴール―2009年3月16日 ローズ/カノンお届け 
療法―   2010年3月9日  個別療法 
グループ療法 月3~4回のペース
自宅でも3~4時間 ローズを聞く

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。