医師は「おかしいアルツハイマー認知症がなくなっている誤診だったかな」とつぶやかれました!

 広島のおじいちゃんは会社を辞められて80歳なって認知症になられました。もの忘れがひどくなり、表情がなくなり書くことがなくなり、言葉を忘れ同じこと繰り返す迷子になる、集中力低下、笑顔のない、等初期症状を超して、記憶障害や、お金の扱い、判断力がなくなる、そして、前屈みなどがみられる中程度の症状となり、お嬢さんと、おじいちゃんとおばあちゃんの3人で大阪の当オルゴール療法研究所にこられて、毎日オルゴール療法を受けられました。
 
 そのうち、おじいちゃんは着ていたお洋服を、みんな脱いで「暑い暑い」と言って、下着だけになりました。ご家族3人ですからそれは構いませんが。ひと月、毎日通ったある日、突然おじいちゃんが研究所の療室室からいなくなりました。
 
 お嬢さんは心配して、おじいちゃんを探し回りましたが、見つかりませんでした。見知らぬ大阪、広い都会に途方にくれました。夕方になっておじいちゃんから電話がお嬢さんの元にありました。
 
 「広島の自宅に戻っているよ」という電話に驚きました。広島に帰って、すぐに脳外科に検査をしてもらいました。MRI を見た脳外科の医師は「おかしい認知症がなくなっている誤診だったかな」とつぶやかれました。
 
 そのことを、お嬢さんは研究所に報告してくれました。「事業をやっていた頃の精悍なおじいちゃんの顔に戻っている」と思われたそうです。
 
 オルゴール療法研究所の療法室のアンティークオルゴールが鳴り響く好条件で、休館日の月曜日を除く、毎日一月通われ、一つ家族だけにしたことが良かったのです。
 
 後で分かったのですが、暑い暑いとお洋服を全部脱ぎ、肌着だけになられたことのは、脳に血液が潤沢にまわった為に、熱くなったのだと思いました。全身の血流を回復して、生体が正状に戻った、脳が調整されたのだと、私たちオルゴール療法研究所は理解しました。
 
 お病気は、血液を細胞に送り、神経を正し、ホルモンをただし、体温を調節し、飲食機能を正せば、治りにくいと言われているアルツハイマー認知症でさえ戻せると自信を深めたことでした。  
 
 ひびきを脳に送ることによって血流を回復して、体が温かくなる、“ひびき”を脳に送ることによって皮膚細胞が若さを取り戻す 、ひびきを脳に送ることによって様々な症状を取り、笑顔が消えるのです。
 
 そして、ひびきを脳に送ることによって神経を正して、認知症が取れることなど、さまざまの病状が同時に熔ける、オルゴール療法を有り難いと思います。
 
 高齢者の死因が、誤嚥性肺炎を押しのけて、死因の3番目に上がってきました。認知症を溶き、予防医学が実現して、高齢者を元気にすることを目指さなければなりません。
 
 認知症も沢山種類がありますが、全ての認知症がオルゴール療法で、熔けるようになれば良いですね。 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。