突発性難聴とオルゴール療法 80歳代女性 K.K.さん

1月28日夜おそく突然に右の耳が聞こえなくなり、突発性難聴と診断されました。 12月16日に入院し、高圧酸素治療と、耳にステロイドホルモンを注入する治療法受けましたが、その途中中耳炎になり、 9日目の12月24日に退院しました。
 
スイスオルゴールのカノンを持っていることを思い出して、横浜のオルゴー療法研究所で受療、144弁の“ラ・カンパネラ”を聞いたとき、唾液が溢れ出て飲み込むのに苦労しました。そして本格的にオルゴール療法を始めました。
 
逆流性胃炎があり、オルゴール利用法中に突然胃酸をが上がってきて、膝関節炎の右膝が痛みだし、左腕全体も痛みに襲われ焦りました。その時突然大きな音がしてすべての痛みが消えました。驚きました。小型のパイプオルガンだったのです。
 
その後のディスクオルゴールはかかったとき、左足が上下左右に激しく動いたのです。私にとって強烈な出来事でした。その時初めてですが、難聴の右の耳に音が入ってきたのです。
 
家でローズのカノンを右耳に好き当てて聴くと、低音のメロディー綺麗に聞こえるが、まだ音が小さく、少しこもって耳に届きます。しかし右の耳にとっては大変な進歩だと思います。
 
この4ヶ月を振り返ってみますと、唾液が出だして、その後口の中がずっと潤っていることや、痛みを感じたり、その痛みが突然取れたり、右腕が上下左右に動いたり、難聴の右の耳がメロディーを感じたりしています。オルゴールの響きが体の様々のところを矯正しているように感じます。
 
器質的障害の右耳の難聴がどこまで向上するか分かりませんが、90歳目前の私に寄り添って挑戦してくれているオルゴールをとても有難く感じています。私の人生でとても大きな変化です。80歳代女性のレポートより

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。