長い間出来なかった庭の芝刈りが痛みとこわばりの関節リウマチの手を   オルゴール療法で出来た喜び!」

長い間出来なかった庭の芝刈りを関節リウマチの手で出来た喜び誰にも知られない鎌が握れた嬉しさに涙しました。痛み、こわばりに、倦怠感を改善の“ひびき”のオルゴール療法に感謝

 「関節リウマチの医院で、診断を受けました。あれからどのくらいになるでしょうか?」 といわれて、手に始まり、腕や膝、肩、足の指も痛み、変形し、痛み、こわばりに、倦怠感など、初期のさまざまの症状が出てこられました。免疫機能の低下の為に、その症状は、一般的に、身体全体におよび、次第に重症化されます。

 初めは、両手の指に症状が出て、こわばり、痛み、関節が変形します。薬は出すが、治らない病気と言われます。女性に多く、5~60歳の比較的中年から高齢者に多く発症し、全国で60万人とも統計数字に出ています。全身に広がる疾患と言われているには、大方の治療法が対症療法に徹し、一部、脳からの療法としていますが、なかなか改善するのに難しい病気のようです。

 一般には、環境悪化からの抗体を弱めて、お病気になるのだとされています。その率は、何と90%と云われていますので、大変高率ですね。病気は何故起きるのかを、不思議に思っておられたでしょうが、一般に云われているのは、不摂生が原因とされていましたが、実は、大気汚染や、温暖化など、主には、50種類からだそうです。

 さて、本代に入りましょうね。症状がからだ全体におよび、人間を始め、動物には、自然治癒力や自然免疫力が本来、備わっていますが、その抵抗力が弱まっているのです。それを指の曲がりを治すことを目的にすれば、治らない病気にはなるのです。

 オルゴール療法は、脳から“ひびき”をオルゴールで提供し、生命を司る脳幹と視床下部の機能を上げる、自然療法とも言われる療法なのです。その脳が守っているのが、自然治癒力や自然免疫力なのです。ここの機能が弱まっていると考えられます。オルゴール療法は、正にこの機能を強めることなのです。

当日本オルゴール療法研究所オリジナルのオルゴールです。高・低周波3.75ヘルツから髙周波20万ヘルツが測定されました。

 

 専門的にも「関節リウマチ(rheumatoid arthritis: RA)とは、免疫の異常により関節に炎症が起こり、関節の痛みや腫れが生じる病気です。進行すると、関節の変形や機能障害を来たします。原因は未だ不明ですが、遺伝的要因や、喫煙、歯周病などの環境要因の関与が指摘されています。女性は男性のおよそ4倍多く、40~60歳代での発症が多いですが、最近ではさらに高齢で発症する方も増えています。」

 「免疫の異常」とありますように、免疫機能が弱まっているのが、現状でと思います。従って多くの対症療法では、免疫機能を高めるのは、難しいのです。オルゴール療法の様に、“ひびき”による脳幹・視床下部の脳からの、改善が的を得ているのです。

 「脳からの療法は、心とからだの複数の病状を同時に溶く性質ですが、そのことは、自然治癒力、自然免疫力が機能することで、その機能を高めることで、さまざまの病状が溶ける、改善する原理の療法がお役に立っていて、沢山の関節リウマチが改善されているのだと思います。

 日本オルゴール療法研究所 所長 オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

予約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。

 

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704

45年前にスイスオルゴールを初めて日本に紹介し、オルゴールコンサートでオルゴールの普及に尽力、25年前にオルゴール療法を世界で始めて世に出し、多くの病状改善に貢献する。

体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会費:2、000円,個別療法:5、000円

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。