骨が膠着して直角に曲がったリュウマチは治せないが、進行を止め、予防には役立つオルゴール療法

第2関節の痛みと膠着 骨のこう着が進んで骨と骨がくっついてしまったものをはオルゴール療法でも、直せませんでした。お二人で通われたのにも関わらず骨と骨が直角に膠着したものが直せませんした。
 このお二人のリウマチの進行に、オルゴール療法が間に合わなかったのです。もう少し早く、せめて、骨が膠着するまでに、オルゴール療法に来て欲しかったのです。でも、生体に備わっている免疫機能を正常にするオルゴール療法は、生体を根本から,体質改善することから、それ以上の進行を食い止めることはできたのです。即ち、東大に名誉教授 渥美和彦先生が「予防医学」だと言われたことでもお解りのように、進行を止め、それ以上の病状はおこらない、その理論で、お二人は、オルゴール療法に通われました。
 リウマチの進行は早い方もあり、遅い方もあり、硬直する前までにオルゴール療法研究所にお越しいただきますようにお願い致します。
 手の第2関節が膠着したお二人は手術をせて、まっすぐにされました。毎日のように通われて膠着したものが治るかもしれないと期待されたにも関わらず、それをお直しすることができませんでした。
 研究所の希望はできるだけ早く起こしなることです。そして、脳から自然界にある超高・低周波のひびきを脳幹と視床下部に届けることによって、免疫異常の進行を止め、体のすべての関節の破壊を食い止める必要があります。
 体質改善を行い関節の異常など、体の全体に起きる生体の異常の進行を止める必要があります。その時間の間に合わないほどに進行が進んだ症状には、残念ながら、手の施しようがないのです。
 どんなに優れた療法でも時間の制約に立たないものがあることを知りましょう。そしてお友達に早めにオルゴール療法研究所に行くことを勧めてください。
 1日たりとも逡巡はできません。1日1日が貴重であることを教えてあげてください。そうしてリウマチから脱却できることを知らせてあげましょう。

 

予約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。

オルゴールセラピールーム究極の“ひびき”の療法です

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会費:2、000円,個別療法:5、000円

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。