「痛い、こわばり、倦怠感、微熱、食欲不振、関節の炎症、骨が破壊され変形されます。腫れと痛みが進行し目や肺、全身に広がります。だるさや熱っぽい,食欲が無く,起き上がないリュウマチ「元気になりたい」を実現するひびきのオルゴール療法

 リウマチの症状のうち、破壊からの関節の痛み61%、こわばり52%、倦怠感37% 微熱、食欲不振、など、両手の第2関節から始まり、手首、膝、肩、足首、股関節に広がります。関節の炎症、骨が破壊され変形されます。腫れと痛みが進行し目や肺、全身に広がります。だるさや熱っぽい、食欲が無くなり、やがて、起き上がることが出来なくなります。

 さまざまな治療や整体などの治療が行われいますが、対症療法を主体では、リウマチは治らないのではないでしょうか?せっかくの努力をされて、その結果が、50%までの回復では、関節リウマチの苦しみを未だ根絶とまではいかないのでは、ないでしょうか?

 オルゴール療法は、関節リウマチ改善の早く結果が出ている方も、遅い方もいろいろですが、痛い、こわばり、倦怠感をが主流のリウマチですが、関節リウマチの症状を溶く医療や療法では、根絶するのは難しいのではないでしょうか?もともと関節リウマチの症状はその病気の本来ではなく、ここが関節リウマチ異常ですと知らせるシグナルではないでしょうか?そのシグナルをなくす対症療法では、関節リウマチは治らない、症状が消えても、再発を許しているのが現状ではないでしょうか。

 問題は、生体に本来備わっている免疫機能が、逆に作用して関節リウマチを起こるとされているのです。このことは、多くの研究者が、沢山レポートをして、学会でも免疫機能の異常となっています。関節リウマチを治すのは、この免疫機能を元に戻すことではないでしょうか? それが難しいのではありませんか?

 治らない、治しにくい、痛い、こわばり、倦怠感、微熱、食欲不振のリウマチを難病指定されていますが、軽いリウマチも、重いリウマチも差別なく、“ひびき”のオルゴール療法で、熔けているのです。その理由は、脳の機能調整にあります。脳が全身をコントロールしているのは、常識になっていますが、その脳を改善する方法が、関節リウマチの脳からの改善なのです。

 オルゴールの“ひびき”が脳幹と視床下部の機能を調整するとオルゴール療法は今までとなえてきましたが、未だ全てではありません。オルゴールを聴くことで、沢山の関節リウマチしているのは、自然免疫力、自然治癒力のお陰とみていいでしょう。多くの、多種の怪我や病気が早い改善をみているのは、自然治癒力のお陰だと、改善症例が証明しています。それは、ご専門の先生が認めておられます。

 さて、自然免疫力です。「からだに本来備わっている」がキーポイントです。身体に本来備わっている機能なら、それは、脳のコントロール下にある、調整下にあると、云えるのです。ならば、自然免疫機能も視床下部にあるということですね。視床下部は、「“ひびき”による多様の病気の改善は視床下部の機能の働きにある」のです。

 からだを守る自然治癒力も視床下部にある、ならば、自然免疫機能も視床下部にあると云えるのではないでしょうか。多くの関節リウマチが“ひびき”で治っているのは、症状を溶くだけでなく、自然免疫の機能を上げて、生体の機能を正常に戻しているのだと云えると思います。

 「研究は、後でいい、治すことが大切だ」とある医師が云われたように、オルゴールの“ひびき”による医療法は心とからだの不調を溶き一つもとりこぼさない」を実現しています。日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

お電話相談も体験会も個別療法もお役に立ちます。

予約電話:03-6262-0741営業時間10時~17時。

オルゴールセラピールーム究極の“ひびき”の療法です。関節リウマチの苦しみを解くベットです。

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会費:2、000円個別療法:5、000円

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。