30年の喘息はオルゴールで楽に,血中酸素濃度も上がり回復に医師も驚いた

30年の喘息はオルゴールで楽になり血中酸素濃度も上がり回復ぶりに医師も驚いた

 私は40歳前に喘息を発症しましたまる月に1度は呼吸器内科に通いましたが原因は不明とのことでした。
 
  呼吸が苦しく少し動くとフーフーと息が上がるのです。5年前には血中酸素濃度が低くなり、入院したこともあります。風邪も引きやすく風邪を引くと決まって喘息の発作が酷くなっていました。
 
 初めてオルゴール療法を受けたのは2014年5月ですまるオルゴールを胸に抱えて聞くと音が良く響いて痰のつまりが取れて声を出すのが楽になっていました。
 
 療法後は少し頭痛がしたものの体がポカポカと温かくなりました。、もしようにお腹がすいてその後たくさん食べたことを覚えています。
 
 2ヶ月後には再度オルゴール療法を受けに入った時、来る時は呼吸が苦しくてフーフー言いながら訪れたのに帰りはとても楽になっていたのです。
 
 5月にはスイスオルゴールを購入し自宅でも聞くようにしました。朝は目が覚めたら枕元でオルゴールを鳴らし、1時から2時間聞きます。喉にオルゴールを当てて聞くこともあります。昼食後や夜寝る前にも短時間ですが聞いています。
 
 すると調子が良くない時は92%だった血中酸素濃度は、10月には94%11月には96%上がってきました。それに伴い呼吸もどんどん楽になっていきました。
 
 12月には風邪をひきにくくなってきたことに気がつきました。喉に違和感がある時はオルゴールを聞くと風邪が悪化しないのです。おかげで喘息の大きな発作が起こらなくなりました。

都立駒込病院の脳外科部長 篠浦伸禎医師による視床下部のエネルギーの改善画像

 
 翌年の2月には主治医が私の胸に聴診器をあてて「喘息(ゼーゼー、ヒューヒューいう呼吸音)がしない」と驚いていました。
 薬は今も飲んでいますが症状が軽くなって本当に助かっています。友人にも「声や顔つきが元気になったね」と言われています。主婦 上野山智子

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。