スイスオルゴールのおかげで高い血圧が正常値になり薬も止めることが出来 便秘薬や風邪薬も不要になった

“ひびき”による脳からの医療法

スイスオルゴールのおかげで高い血圧が正常値になり便秘薬や風邪薬も不要になった!

 思えば2004年頃から私の血圧はやや上昇傾向にありました。2007年の春日別のことで病院へ行って測ったら180/100 mmHG になっていたのです。私は降圧剤を飲むようになりました。

 

 薬を飲むと高血圧は130/75mmHGくらいくらいまで下がります。でも私は薬をあまり飲みたくありませんでした。薬を飲むと足が重だるくなるからです。

 

 オルゴール療法に通い始めたのは2010年2月からです丸スイスオルゴールは以前から趣味で持っており、音色の美しさは実感していたので、身体に良いと聞いて納得でした。

 

 1年後には144弁の療法用のオルゴールを購入し、食事中や髪を乾かす時、寝る時にも効くようにしました。また以前から持っていた72弁のオルゴールは会社に持って行って、休み時間などに聞いていました。

 

 私はよく、オルゴールをお腹や胸の上に乗せたり、足を乗せたりして聞いています。体に触れて聞くと響きが直接伝わってきて、とても気持ちがいいのです。

 

 2012年になって、試しに薬を2錠から1錠に減らしてみました。 それでも血圧が高くなることはないので、6月には薬を全てやめました。医師にも報告したところ、服薬を中止しても良いとのことで、嬉しかったです。

 

 オルゴールを聴くのに加えて、歩いたり塩分を控えめにしたりしています。その結果、忙しいとたまに血圧が高くなることがありますが、最大血圧は120〜140 mm HG 最小血圧は60〜80 mm HG を維持しています。

 

 冬しもやけや怪我ができにくくなり、つま先の冷えも気にならなくなりました。やはり結構が良くなったのでしょう。

 

 

 降圧剤だけでなく他の薬も減りました。20代後半から手放せなかった便秘薬や風邪薬もあまり必要なくなったのです。オルゴールのおかげで自分の健康に自信がついてきています。 主婦 57歳 赤井由紀子(仮名)

予約電話:
東京:03-6262-0741 営業時間 10時~17時
スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512
横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
「体験会」:60分間で原理の説明とひの木のベッドの体験会です。
「個別療法」:病状へアドバイスと個別療法す。
「会 費」:2,000円,個別療法:5,000円

「アクセス」

東京日本橋
JR
  • 東京駅 日本橋口 徒歩8分,丸の内北口 12分

    東京日本橋日本オルゴール療法研究所東京都中央区日本橋本石町⒊-2-6ストークビル7階

  • 神田駅 南口から高架線路沿いに8分
  • 新日本橋駅 2番出口から4分
メトロ
  • 大手町駅B6出口から8分・A2出口から10分
  • 銀座線 三越前駅A8出口から7分
  • 半蔵門線 三越前B1出口から5分「横 浜 元 町」
大 阪 梅 田
JR阪神阪急
  • 各線 大阪駅 中央南口より徒歩6分
  • 西線 北新地駅 徒歩3分下鉄
  • 御堂筋線 梅田駅  徒歩5分
  • 谷町線 東梅田  徒歩3分
  • 四つ橋線 西梅田 徒歩5分
横 浜 元 町
JR:京浜東北線 石川町駅 元町口徒歩8分
みなとみらい線:元町中華街駅 徒歩7分

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。