母の心不全、肺炎で余命宣告、3週間で畑仕事に医師も驚く程に回復!

 名古屋に住む69歳の母は、元長島監督と同じように、心蔵肥大から肺炎を起こし、医師から『いつ何が起きても不思議でない』と宣告されました。9月19日から144弁のオルゴールを持ち込みましたが、『オルゴールでなんか』と信じて貰えませんでした。それでも母は『これ気持ちがいいわ』と言いながら聞いてくれたのです。研究所から教わったゼンマイの捲き方と聴き方を教えて私は東京へ帰りました。

 3週間過ぎた10月の11日の心臓と肺のレントゲン検査で、医師が『何もない、正常になっている』と驚かれたのです。13種類の薬を5種類に減らし、『薬は要らないが、予備に出しておきます』とまでになったのです。私たち家族、父も妹も『やっぱりこれはオルゴールだ!と驚きをかくせませんでした。

 心臓肥大で、ずっと心不全で、肺に水が溜まる肺水腫、いつも肺炎を起こしていた母の肺が正常になったのをレントゲンで見て、奇跡が起きたと驚きました。今まで何年間も薬を服用しても徐々に悪化していた母がたったの3週間で、オルゴールの効果で、ここまで回復していることに、家族みんなで、驚いたのです。心臓の数値BNPは普通13~18レベルなのが、母のは、175.9レベルという桁違いの数値だったのですから。

 3週間前の母は、動くと呼吸困難になり苦しく、直ぐに横になる状態でした。今、自宅の畑仕事が出来るのを見て夢のような姿に信じられない!と研究所にお電話をさせて頂きました。『これは誰も信じて貰えないでしょうから、病院のデータを研究所に送る準備をしています。レントゲン写真と血液検査がはっきり出て医師も驚く程ですから』と申し上げました。

 始め母は、信じなくて『こんなもんで効く?良くなるの?』と言っていたのが聞き始めると、その日から調子が変わってきて、『オルゴールを聴くとこんな心地のいい、何なの?、直ぐに寝れる』と言うのです。うつらうつらしていた母がころっと寝てしまうのです。

 朝の4時から聞いて、朝、昼、晩と、1日6時間は聴くようになりました。呼吸困難が消える、みるみるうちに変化して、元に戻る、こむら返りが起こっていたのが、あれから1ッ回もないのです。

 研究所から聞いていた長く聞く程、効果が早いということが現実になり、私の「ヘパーデン結節」が極端に良くなっていることと合わせて間違いのない療法だと、改めてその”ひびき”の効果に驚いています。あれだけ信じななかった母もオルゴールのお蔭だと言って『これが無くなったら元に戻るだろうから、壊れたらどうなるか心配』だと言っています。今、運動会に行き、孫と川つりに行き、野菜を育て、他人に上げたりしているのです。

 肺疾患が死因順位の3番目に来ていることから、私たちは覚悟をしていました。さすがに気丈の私でも、気持ちが参っていましたが、母の姿と病院のデータを見せられ説明を受けて、母の心臓と肺が回復したのを見て、とても驚いています。

 あの時、母の状態を知って、急遽、仕事を辞め、東京へ転居と看病で、落ち込んだ半年前のことを思うと、今喜びでいっぱいです。私のヘパーデン結節と娘の花嫁道具にもなると、清水の舞台からと、思い切って買ったオルゴールを母に独占されて複雑な気持ちですが・・・

 副作用がない、ひびきが脳からの治療と教わっても、母は理解してくれていませんでしたが、治ればいいとは思いながら始めたオルゴール療法です。少し悔しい気持ちもあります。今母は、私のことを心配して、逆に私が東京でオルゴールを聴いている時間が少ないんじゃないか?『あなたも1日6時間聴かなきゃ』と言われています。

 ご家族から届きました詳細な記録を補記します。

「年齢 69歳 女性  主婦兼 家庭菜園、50代から気管支炎を患い放置。64歳から肺に水がたまる。 呼吸困難にもなり、酸素吸入が検討される、 服薬治療を開始。 同時に心臓機能の異常を発見され、こちらも服薬治療を開始! 病名は つかず。

66歳 総合病院での治療継続するも肺、心臓と悪化し、 三重大学附属病院の心臓の名医が開業したクリニックへ転院。 拡張型心筋症と病名となる。 肺のレントゲンの結果は右肺が水がたまり、 形が大きくなりいびつ、 心臓レントゲンの結果は、 白くなっている。 服薬治療継続となる。すぐ風邪で感染し肺炎となる。69歳 2018年2月定期検診するも以前と同じ数値は高い。 肺炎を繰り返す。

 9月になり、呼吸困難、歩行不可で緊急受診し、 検査の結果、心不全であった。 心臓数値が跳ね上がり、普通13~18が、3段階の175.9になる。レントゲンの結果でも以前より心臓が肥大し真っ白で一つの心臓の弁が機能していないとのこと。 肺のレントゲンの結果でも、 さらに右肺が大きくなって水がたまっている。

 予後は脳梗塞、心筋梗塞になる確率が高いとのことで利尿剤、 血液をサラサラにする薬、 心臓の薬がまた追加される。精神的にも死を意識する。

  9月19日 オルゴール療法144弁を開始、ふくらはぎの‟こむらがえり”が毎日続いてたのが起きなくなる。オルゴール療法をすると心地良く居眠りをする。オルゴール療法2日前から朝、昼、夜と1日6時間行う。

 オルゴール療法6日目 床から立ち上がりが困難であったのに足に力が入るようになり、スムーズに立ち上がれる。 呼吸がらくになる。 移動しても息切れしなくなる。 睡眠障害も克服。 孫の運動会を観戦することが出来た。

 オルゴール療法3週間経過、 定期検診の結果、 心臓レントゲンの結果は真っ白だった心臓レントゲンが正常になっている。 肺のレントゲンの結果でも、いびつな形だったのが、正常の形に戻っている。 長距離も安定した歩行も出来るようになり、元気だった頃に戻る。

 服薬治療では10錠あったものが5錠に減り、それも予防のために一応服薬をするとのこと。 次の診察では血液検査を行い、結果を見ながら さらに薬を減らしていこうとのことである。

 出来なかった畑仕事を再開し、趣味の釣りや、孫らと週末は出かけ、 新たな目標もできて、オルゴール療法は手放せない状況となる。 オルゴール療法1か月経過をし、不調なところが一つもない。 現在も朝昼晩と6時間をオルゴール療法を継続している」 

 2019年2月12日 母の様態が極端に良くなる。母は144弁のラ・カンパネラでとれも気に入っていた。初めは、娘の私のヘパーデン結節にラカンパネラで著しい改善をしていたが、母の心蔵の心筋症が待ったなしの状態に慌てて、私のラカンパネラを母に送った。

 母の様態が良くなったので、私のヘパーデン結節の最後の仕上げと思って、私のモーツァルトを母に、母のカンパネラを私に取り換えることにして母にモーツァルトを送った。

 母はモーツァルトがあまり好きではなかったようで、『この曲では、心地よくないわ、眠くならないわ』と言ってオルゴールを聴く時間が少なくなり、1日合計しても3時間しか聞けなくなった。

 1月の末に心臓の症状が悪化して、血中濃度が81.8になる。慌てて、オルゴールを元のように取り換えた。母は「これなら聴ける」と言って6時間聴いている。

 「ラ・カンパネラ」の鐘の音が気持ちがいい! 私のヘパーデン結節の最後の改善仕上げはしばらくお預けになった。

 2019年4月9日 先日 母は、風邪をひいた。家族で一泊旅行をして孫が遊びに来て母も喜んで甲斐甲斐しく世話もして、お酒も飲み、ハードな3日が過ぎた頃に久しぶりに風邪を引いた。オルゴールを持って行かなかったからだろうか? 心配して直ぐに医者にみせ、以前なら直ぐに入院して、検査だったのに、今回は肺も心臓も全く異常はなく、拍子抜けの状態。  

 左の画像が4年前のもの。右の画像が今年2月12日に撮ったもの。肺が小さくなっている。心臓も真っ白だったのが良くなっている。肺に水がボトボトにたまり、 膨張していたのが、オルゴール療法をしてから極端に回復して、今日か明日かと余命宣告されて家族を呼んでから急激に回復した。今回同じように風邪をひいても何ともないと医師に言われて驚き喜んでいる。オルゴールを、私たち家族はその効果を理解している。今回の風邪も、帰宅して、すぐにオルゴールを、聴いて元気になっている。今までだったら、医師から心臓と肺の薬が10錠も出ていたのに、今回は、たったの1錠。その変わりように家族で驚いている。

 2020年5月7日(木曜日)

 「母が定期検診に行き胸のレントゲンを撮る。結果が「何ともない」だった。2年前に右肺に水が溜まって変形、白く曇っていた。1年半オルゴール療法をして、肺にくもりが全くなくなって、普通になっていた。熱がない、咳がでない、一時、旅行に行って咳が出たが、収まった。いつもなら咳がひどくなっていたのに、何ともない、10倍の数値が5倍になっていて凄い回復。2年前に告知を受けて長島監督のようになることを覚悟していたのに、母は70歳になり、花粉症も消えている。

 母はオルゴール療法の結果ではないと思っているから「なんでやろう?」と言う感じ。今、私もコロナと携帯電話が5Gになってからおかしくなっている。私は、耳鳴りが四六時中あり、オルゴールを3時間は聞かなくてはならない。

 母はオルゴール療法だけやっていて、生活習慣を変えずに、他の療法は一切せず、ひたすら、オルゴール療法だけ。母は感覚でオルゴールの効果を信じた。五感で信じてオルゴール療法をはじめた。マドリーノの「ラ・カンパネラ」が好きで良かった。

 田舎で川釣りが出来、家庭農園が出来るようになった。肌が2年前には、しわが多かったのに、その肌がきれいになっている。肌が赤くなっている。母は「何でやろう?」と言っている。こんなに回復して凄い。

 オルゴールがもしなかったら、今の母はなかった。「今が一番幸せ」と言っている。猫を飼うし、孫の面倒を見ている。母は野菜をあまり食べず、ご飯が主、そんな偏った食生活なのに、こんなに元気になって、食事療法はそんなに気を使わなくていいのかと思う、オルゴール療法の恩恵を受けて元気。頸の筋肉の筋が出ていて、良くなったらいいなと思っている。「144弁を枕にしたらいいですか?」 

  2020年7月27日

 「母の心臓の数値が検査の結果DNAは85でした。普通の5倍程の高さですが、医師から「3か月前から見ると全体的にバランスが良く、ほぼ平均値になっています」と言われ、本人の元気さも良く、悪い自覚症状もなく、本人も今が一番調子が良いと名古屋から報告がありました。この9月でオルゴール療法をはじめて2年になろうとしています。

 東京と離れていても、オルゴールが治療してくれていると思うと安心です。144弁を毎日、欠かさず、5~6時間聴いています。足の小指の骨折も完全に治っています」「母の凄いところはオルゴール療法を信じていることもそうですが、他の療法に一切手を出さず、ひたすら、毎日長時間聴いていることです。生活水準を変えないで、オルゴールを聞き続けているのに驚いています。70才になる名古屋の母が、離れていても、オルゴールがずっと治療していると思うと安心です。オルゴールを信じて、益々元気なのです。その信じ方が凄いです」

 「今でも、オルゴールを掛けると昼間でも眠ってしまうそうです。昼間寝ても、夜は夜で寝ているそうですから、余程オルゴールが気にいっているのでしょうが、感心しています」とお嬢さんからご報告がありました。

 離れているお母さんにオルゴールは遠隔治療をしていることに気が付きました。70才を超えて144弁のオルゴールのゼンマイさえ捲けさえすれば、オルゴールの遠隔治療が実現することが解りました。オルゴール療法は、自分で出来るセルフケア、144弁だけのエコ医療、他の病気をひきおこさない予防医療、そして、母と子と離れていても副作用のない、危険のない安全と安心の療法であることを再認識しました。   日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。