交通事故から脳出血を起こし右半身が不自由になりました

「10年前に、バイクに乗っていて車と衝突しました。高血圧気味で、血管の壁が弱かったのでしょうか? その事故で脳出血(脳卒中)を起こし、後遺症から身体の右半身が不自由になりました。

 足に装具を付けて杖を使って歩きます。自分では普通に思っていますが、おしゃべりが遅く、不明瞭なところがあると言われています。右目の視野が極端に悪く、ほとんど見えない状態です。主人に助けられて、オルゴール療法に3月から通い始めました。

 オルゴール療法はとても気持ちが良く、身体が温かくなり「全身の血流回復」、療法中に眠ってしまいました。家でもよく寝られるようになりました。霜焼けの足の指が収まっています。

 8回目の療法で、右の耳が左と同じように聞けるようになりました「右耳聴覚改善」。今まで右肩が冷たい感覚でしたが、肩こりがはっきり感じられます。肩が上に上がったように感じるのは感覚が戻って来たせいでしょうか?「肩筋肉硬直改善」

 10回目、心臓が初めてバクバクと動くのを感じました「心蔵機能回復」。

 12回目、右足の感覚が戻って来たのでしょうか?しびれが切れた時の感じです。「右足神経回復、右足硬直改善」血液の流れを顔に感じて、右側の顔が忙しいという感覚です「右顔面神経回復」。

 13回目、手の先の感覚が少し戻ったようです「手指の神経機能回復兆候」。右脇の下のこりを感じます(胸部筋肉硬直改善)。今までその感覚がなかったのにです。

 療法後では、右手の親指が少し広がっているのに「右手硬直改善」、家に帰ると元に戻ります。顔色が良くなったと主人に言われました「血液循環改善」。右側の感覚が戻っているせいか、右側が重たいと感じます「右側神経系統の回復」。体温36.3度でした「腋下測定」。

 19回目、動きの悪かった右手が身体の後ろまで廻り、右後ろの筋肉が動いたのでびっくりしました「頚肩腕症候群改善」。脳出血(脳卒中)の後遺症が快復してくれれば嬉しいです」 9月12日 50歳代女性 M.N. 大阪府

 

コメント:

 肺と心臓の機能を“ひびき”で改善することで、全身の血液循環が良くなり、神経、代謝、ホルモン等生体の機能が回復して行くさまが読み取れます。

 同時に今まで正常と感じていた左側の機能も上がっていることが予測されます。生体は複数の症状を同時にでなければ回復しない仕組みがここでもはっきり見られます。

 療法後に症状が戻るのは、良好な環境でない為に改善した症状が戻ることが起こりますが、続けることで、改善されてゆきます。常に悪い環境とひびきの改善のせめぎあいが起こります。強いひびき、又は長く聞くことで、改善の効果が速くなりましょう。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。