初産で切迫流産と診断,オルゴール療法で救われました!

世界で始めて“ひびき”による脳からの根幹・視床下部からの根幹療法

 

初産で切迫流産と診断、オルゴール療法で救われ、子どもの成長が近所でも評判です。

 

 杉山と申します。12年前に妊娠したときに、知り合いの心のセラピーをしている女性からスイスオルゴールの「カノン」を貸して頂いて、お腹の上に置いたりして聴かせました。

 妊娠⒍ヶ月の時に医師から切迫流産と診断されました。赤ちゃんが下り掛かっているから、自宅で安静にするように言われました。痛みはなく、それ程自覚症状はなく、会社を休んで、毎日オルゴールをお腹の上で聴かせました。

 10ヶ月経ち、お陰様で予定日の三日前に無事に安産で産まれました。12才の今まで元気に過ごしています。オルゴールは音が良いので胎児にも、私にも良いと思い、朝に、晩にカノンを聴きました。

 実家の母に、『こんなに良く育って、精神年齢も高く、落ち着いているのは、オルゴールのお陰ではないの?』と言われました。お年寄りと話ができて、お年寄りばかりのお友達が増えて驚きました。

 年末、年始に実家に帰ったとき、近所のお母さんにも『こんなに落ち着いているのは、『オルゴールのせいではないの?』と言われました。

 80代の女性から、『年よりと普通にしゃべれるので、普通の子と違う、落ち着き具合が全く違う』云われて私もうっすらとオルゴールのお陰かと思っていました。お腹のいる時もおとなしく聴いているように思いました。

 お腹にいるときも、産まれてまもなくしても、少し大きくなったときも気がつきませんでしたが、近所のおばさんから『こんな子はめったにいないよ』と言われて初めて「そうかな」と思う程に他所の子と比べることをしませんでしたから。

 オルゴール療法研究所の所長さんから『2人目の子どもも、まだ間に合うよ』といわれました。もう7年前だったら二人目の子と比べられたのにと思います。

 12才になって初めて、素直に元気に育っている我が子を見直しています。来年は中学一年生です。オルゴールを貸して頂いたお姉さんのご厚意に感謝しています。 杉山さん 50才代 女性 千葉県

コメント:

 情緒の器は二十才が限界と数学の世界の権威 岡 潔 博士は情緒の器つくりを提唱されましたが。お腹の中から美しい生の音楽をオルゴールで聴かされ、どれ程に成長されるか楽しみです。 日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。