うさぎのミーは子宮疾患で出血が続きました

 私の家で飼っているメスのうさぎのミーは、オスのウサギを新しく飼ってから、発情したせいか? 出血が続きました。昨日、獣医に見せたところ、子宮疾患で摘出手術を勧められました。

 1月23日に手術が決まりましたが、ミーの子宮の摘出手術をするのはあまりにも可哀そうで、私のへぱーリン結節を良くし、母の心臓病を見違えるほどにしたオルゴール療法で何とか助けられないものかと思ってオルゴール療法研究所に電話をしました。

 ミーは家の中で飼っていて、私が144弁のオルゴール聴いている傍で、じっとオルゴールを聞いています。ウサギは90%と言われているほどに、子宮の異常が多いと聞きます。我が家のミーもそれがやって来てしまいました。

 

 コメント:お電話を頂いたときに、当研究所での、人の卵巣嚢腫が小さくなった例や、子宮内膜症の改善や子宮腺筋症の激痛を解いたお話しや、月の出血が正常になって双子の出産に恵まれた特異な例をお話ししました。又、オスのウサギを飼った為に、それがストレスになって子宮の出血に繋がったのでしょう。

 一時的な止血剤では、根本的な改善にならない、どの症例にも血液の循環が大切で、体内に豊富な栄養と酸素が必要だと心も身体も同時に解くオルゴール療法の特異性をお話ししました。

 手術前のステージでは、オルゴールを1日、2~3時間聴くのでは、少ないのです。それで、出来るだけ沢山聞ける15分療法をお勧めしました。そうして、脳のコントロール力を上げて複数の不調を同時に解くオルゴール療法の理屈を改めてお話ししました。

 症状だけを取る治療や、すぐに手術する前に、ひびきをしっかり聞いて頂きたいのです。手術をするにしても、開腹まで2~3週間は短かすぎますが、それでも体力をつけておくことはとても大切です。無駄ではありません。手術後の回復が格段に違うからです。※この項はご家族の了解を得て続いてご報告させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-18-25ホテル日航福岡B1. TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。