脚立から落下、肩の脱臼で、毎日接骨医院に通った脱臼がなくなり不思議!

脚立から落ちて肩の脱臼が始まり、毎日接骨医院に通っていました。

 「18年前の平成2年の年末の大掃除のとき、脚立から落ちて左肩を打ち、左足首を複雑骨折しました。それ以来、左の肩がすぐに脱臼するようになりました。事故から起こる亜脱臼だそうです。洗濯物をほしたり、布団を上げる度に、腕が肩の線から上がると肩がはずれて、肩から脇の下まで痛みが起こります。

  特に2年前からは、毎日脱臼を起こすほどになり、その都度接骨医に通うようになりました。接骨院ではテーピングをして、何とか1日を過ごすような日々でした。不用意に手を上げることが出来ませんでしたが、日々の生活では、どうしても避けられない動きです。

 犬の散歩のときに、腕から肩をひっぱられたり、ピアノのレッスンでは電子ピアノを会場に運んだり、イスを出したりの力仕事もこなしますが、肩に力が入ると脱臼して、それがくせになり、直ぐに脱臼を起こしました。ドアのノブを廻すと途端に脱臼を起すのです。

 音楽療法には以前から興味がありましたが、オルゴール療法は初めてです。今年の1月の26日にオルゴール療法にじめて参加しました。頭がガーンとするほどに熱くなり、背中が暖かいのです。お腹がすき、はじめての療法でぐっすり寝ました。

 翌日肩がとても楽になりましたが、それほど脱臼のことは意識もせず何回か通う内に、少しずつですが、手が上まで上がっても脱臼しなくなったのです。不思議ですが、ここ2週間ほど、接骨医院に通っていないのです。

 あれほど毎日通っていましたので、きっと接骨医院の先生が心配されていると思うのです。首のこりは未だですが、肩はすっきりしています。肩のこりと痛みを感じなくなりました。信じられない気持ちでいます。50歳では50肩にならないで済みましたので、70歳で亜脱臼をひきおこすのだと冷やかされておりましたが、亜脱臼の痛みがオルゴールで取れるなんて信じられませんでしょう。

 脱臼をすると、医院でテーピングするのですが、皮膚がめくれて、いつも痛むのが、オルゴール療法の1回目でピタッと止まったのに驚きましたが、上腕筋の痛みが全くないのが大助かりです。

 大勢の回復した方々のお話を、療法の後で聞いても、他人事と思い、オルゴール療法を信じられなくて、レンタルから始めようと思っていましたが、すぐに取り組むことにしました。ホントにこのことはオルゴール療法を受けた者でなければ分からないほどの不思議さです。

 頭痛やめまいなどいろいろあり、それがしょっちゅう起こります。頭痛のときオルゴールを首にくっつけて聴くと5~6分で痛みが取れるのです。こんなことってありますか? 未だに信じられないのですが、私にも不思議が起こりました。梅田のデパートを2つも廻っても何ともないほどに、元気を取り戻しています。 2008年1月31日  

 2月17日、亜脱臼は全く起こっていません。以前は、牛乳パックを1個買って、腕に抱きかかえただけで脱臼を起こしていたのに、今は、全く起こっていません。両手に買い物袋を提げても何ともありません。 2008年2月17日 70歳代女性 大阪府 H.K.さん

コメント:脱臼、 肩関節脱臼、 亜脱臼

 9回のグループ療法にご参加され、ご自宅で72弁のスイスオルゴールとベルのオルゴールを聞かれて、ご自分でも驚くほどに体調が回復されています。

 皮膚の回復が早いのは多くの方が経験されています。血液やリンパの循環が良くなると、当然の結果だと思いますが、現代の対処療法では信じがたいことでしょう。

 脱臼 肩関節脱臼 亜脱臼のような一見、関節の疾患のように見えるものも、実は筋肉の強直が原因で、それが回復すると骨の位置が限りなく元に戻り、それで回復をみます。股関節脱臼や外反母趾まで回復するのもこの原理です。

 脳の中枢部の脳幹・視床下部の機能が正常に働けば、臓器40種類の機能が調整されて、筋肉や靱帯などが強くなり、骨の位置は限りなく正しい位置に戻ろうとするのです。

 そして脱臼 肩関節脱臼,亜脱臼や股関節脱臼が元に戻り、脊柱は真っ直ぐになる、頸椎や歯の顎関節の強直が溶けて、不正交合が良くなるというように、さまざまの改善症例が上がっています。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。