【 花粉症 13】

 毎年やってくる花粉症の季節に悩ましい思いをされていることでしょう。花粉症を脳で治すなんて聞いたこともありません。そうですよね。でも、密かに治している方があるのも事実ですからお付き合いください。

 花粉症がはじまり、1か月、3か月、6か月頑張ってください。1年を超えて改善されてない方は、当研究所ではありません。『だけど、どの治療所でもみんなそう言われて、いろいろやって来ました。どれほど信じても、どれほど「治った!治った!」と言われても、もうあきらめています』

 本当にお気の毒です。この何カ月かを我慢すれば、マスクをしておれば、済むのですものね! 

 でも、こんな例もあるのですよ。

 「ヒノキの花粉症・アレルギーが3カ月で解消!この方は、今4年目です。当研究所のヒノキのベッドに寝られる程ですよ」「1年で花粉症が良くなったのに、3年で又元に戻ってしまった!」そうですか、又戻ったこの方に、私はこう言いました。『90%の病気は、環境から起こるのです。環境に負けない体質、抵抗力を付けてアトピーにも花粉症にも負けないように、しっかり体質改善することが大切です。症状が取れただけでは治ったのではないのです』

 その方は、新機一転見事に体質改善され、花粉症から脱却されました。私たちのからだは脳がコントロールしているのです。その脳が、悪い環境から、本来の力を発揮出来ないでいるのです。 

 その脳は脳の一番奥の生命中枢脳、脳幹・視床下部と呼ばれている脳です。その脳を正常にすることが出来るのは“自然界のひびき”であることが、旧文部省の大橋力先生が検証されたのです。

 『脳のことは、1億分の1も解っていない』そうですが、文部省の大橋力教授が「高周波のある音楽が、即ち生のひびきが、脳幹と左視床下部の血流を回復したと第4回国際神経学会で発表」されました。日本オルゴール療法研究所は、その”ひびき”をスイスオルゴールにあることを発見しました。3.75ヘルツ〜20ヘルツを測定したのです。

 脳幹は、心臓と肺をコントロールします。 視床下部は、全神経、ホルモン、代謝、体温調節、飲食など生命を司るほぼ全ての機能の調整をしています。脳幹と視床下部と呼ばれている機能が正常になることで心身の不調を複数、同時に改善するという医療界に今までにない療法が世界ではじめて生まれたのです。これを根幹療法といいます

 ただ症状を取るだけの多くの対症療法では、うまく行かないようです。からだは、本来の姿を求めていながら、現代の医療・療法は、その多くがただ症状だけを取ることに専念しているのではないでしょうか? さまざまの療法も良いものが沢山あります。脳を正すオルゴール療法と共療すればもっと良いかも知れませんね。

 症状は、からだの異常を知らせる“シグナル”なのです。その大切なシグナルだけを取る対症療法では、からだの異常は解けない道理です。

 からだを根本から調整してみませんか? 脳の機能を元に戻す、即ち強くすることで、さまざまの病気と症状が溶けています。次世代型の療法が、世界で初めて登場したのです。それがオルゴールを使った“ひびきの療法”なのです。

一度電話をしてみませんか? スイスのオルゴールは高そう? でも、病状が改全すれば安いと思いませんか! レンタルもありますから一度相談してみましょう。  

  • 日本オルゴール療法研究所 東京日本橋本部 佐伯吉捷 ☎ 0800-800-2512

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。