自動オルゴール “モン・パープル”を使って見て (五)

モン・パープルを3時間、両足が汗びっしょりになりました。 

 ”モン・パープル”の時間設定を3時間にして、オルゴールを後頭部に30分、胸に30分、胃に30分、骨盤に30分、足腰の弱まっている両足の太もも大腿筋へ60分聴いてみました。

 両足全体の体温が上がり、びっしょりというほどに汗をかいたのです。驚きました。年齢と共に、日頃から、筋肉が固くなり、股関節が狭まり、歩幅が狭くなったなぁと感じていました。足から手に更に全身の筋肉の代謝機能が弱まり、血液の循環が悪くなっていたのでしょう。周2回のプールで軽い泳ぎをしていたのを2年前から、辞めていたのも原因でしょうか? 両足共にひびき、ジンジンと感じて20分、熱くなり汗をかきました。

 オルゴールの“ひびき”の強さか、聴く時間を掛けて“ひびき”の量を増やすことで、心身の調整が早まるのです。

オルゴールを当てた腰がやけどを感じるほどに熱く飛び起きました!

 ある日、右肩を下にして横向きに寝ました。疲れ気味の腰にオルゴールの表面が当たるように、身体をオルゴールの上に傾けるように暫く聴き、いつの間にか寝ていました。夜中に、腰の部分に火傷をするほどの熱さを感じて、飛び起きてオルゴールに触ってみました。オルゴールは何ともない程に鳴リ続けていたのです。

 ときどき、オルゴールのベッドで施療している方が火箸を当てるように熱く感じると言われていることを想い出しました。熱を上げて、風邪やウイルスを追い出すことは、子供の頃から経験していましたが、これほどの熱さを感じたことはなく、オルゴールの“ひびき”を長時間当てることの効果を感じて、今更ながら、驚きました。

 熱いと感じるのは、脳の中枢が調整され、脳からの代謝機能が上がり、肺と心臓が元気になり、血液の循環が潤沢になり、更に神経系が正常になり、熱く感じる生体のしくみが理解できます。今、お持ちのオルゴールを沢山聴きましょう。きっと効果を感じるようになりましょう。

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。