モンパープルに音色と音の強さに魅力!

  モンパープルに音色と音の強さに魅力!

   都立駒込病院の脳外科部長の篠浦伸禎先生に、もっと、求め易い、オルゴールをと云われて、出来たのがモン・パープルでした。木箱の材質に、箱の形、大きさに、板の厚さに、“ひびき”を増し、良くする為に、ギター材アガチスの木を加えて、良い音が出ように、工夫しました。サンプルが出来上がった時に、思ったより良い音と、“ひびき”に、そして、以外に強い音に、副所長と共に喜びました。そして、それは、多くの未だ知らない、病状で苦しんでおられる方への喜びでもありました。音色と“ひびき”の健康効果を思う時に、確かな自信になりました。

 

 全ての楽を含めて、音を作る部分と、それを共鳴させる器とが、揃って楽器は出来上がるのです。それは、始めに計算出来ない難しさがあります。作って診て、音を出して、更に美しく、“ひびき”の良い、倍音の良い音に育てるのです。そして、使いこなす毎に、音色は育ち、深みを増し、百年の間、育ち続けるのです。それは、オルゴールにも云えるのです。現に、今、当研究所で使っているオルゴールは、10年20年経っているオルゴールでも音色は育ち、深み、落ち着いた音に、多くの方が涙を流されるのです。

 

 オルゴールの条件に音色があります。 ひびきも大切です。 強い音もなくてはなりません。その上に音楽があります。始めに音色ありきと云っても良いのですが、敢えて、最後に上げました。美しい音色も、箱の材質を選んだ時にその重要性は、充分にあります。

 

 美しい音色は、いつまでも聴いてきたい、飽きの来ない音色は、長く聴いて、病状を溶く上で大切です。更に、情緒・感性を育てるからです。大脳の機能でしょうが、耳が、脳が受け付け易い音の種類であることは明白です。美しい音は、強い“ひびき”と共に、オルゴール療法に大切なのです。

 

 美しい音は、又、音の倍音に影響します。音が重なり合う時に、限りなく、透明であることは、倍音と同じく、交ざりけのない、美しい音でなければなりません。純正音律と言いますが、その限りない、整調された音こそ、美しい音なのです。

 

 オルゴールが純整調に近い音に調律されていることに、感心します。多くの重音、倍音の中で、純整調に近いおとこそ、美しい音色となるのです。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。