オルゴールのひびきによる”新真の深呼吸法の勧め

 オルゴールセラピーの「オルゴールの“ひびき”による深呼吸法」のおすすめです。
 オルゴールの“ひびき”による新しい深呼吸法とは、肺と心臓にオルゴールを密着させ、口から七拍に吐き、鼻から七拍に吸い一拍を休み、十五拍(秒)の深呼吸法です。横隔膜を意識し、月の満ち欠けによる「波打ち際のリズム」に適う生体深呼吸法を学びましょう。
 
 月の満ち欠けによる「波打ち際のリズム」に適う生体深呼吸法とは、なんでしょうか?
 
 地球上のリズムはその殆どが月の引力に起因してるのだそうです。1時間は60分、1分は60秒も地球のリズム、波打ち際の波が打ち寄せ引き波のリズムも15秒、呼吸法も7秒で吐き、7秒で吸う1秒休んで全体では15秒が自然に沿った呼吸法と言えましょう。
 
 肺は横隔膜によって動くことは既に知られています。横隔膜の機能を活性させて、肺と心臓を機能させ、血流を改善して、肺と心臓を健康にする深呼吸法です。
 
 一般の深呼吸は、肺を外部から動かす為に両手を上に上げ息を深く吸い、そして腕を下ろす,肺を動かすことから、空気を深く吸い、吐くことで、肺の中の空気の入れ換え行う。それを五回、一日五回、二十五回の運動が勧められています。
 
 外部から空気を入れ換える一般の対症療法的呼吸法では、肺を動かすことで、心臓を動かし、それによって他の臓器をも動かすという考えです。
 
 肺が動けば、心臓もそれにつれて動くことは当然ですが、しかし、肺を動かすことで、その他の臓器を動かすことには限界があると思います。それは、肺と心臓その他の臓器は脳の中枢部がコントロールしているからです。肺を始め全ての臓器、器官が同時に動かなければ、とても効率がわるいのです。
 
 地球上動物の呼吸法が、月の満ち欠けに添っているのであれば、そのリズムに添うのが順当だと思います。環境悪化時代に肺と心臓を元気にしていないと、新鮮な酸素を取り入れられない、そして、それは、心身の臓器の機能を弱める結果になるのではないでしょうか? 血液をからだ全体に送られる仕組みに添う呼吸法が15秒(息が短い方は、ご自分のペースの15拍から始める)が理に適い、お奨めしたいのです。
 
 
 
 
 
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。