“ひびき”の健康法としてのオルゴールの長所を探す旅にご一緒しませんか!

 オルゴールが胎教に良いとスイスオルゴールを日本に紹介して、四六年、鬱や高血圧を改善し、癌やパーキンソンや認知症、リウマチが正常になる経験をしました。オルゴール療法を正式に始めて二六年になります。

 今までに、ひびきによる脳からの療法が、歴史的にみても、なかった療法界に、さまざまの音響機器が出てきました。

 改めて、オルゴールの長所、欠点をみて、“ひびき”による脳からの医療とその可能性を探してみましょう。

 「箱の中から,小さな音楽、同じフレーズを繰り返し、段々遅くなって止まる、」はエジソンが蓄音機を発明したときの、オルゴールの欠点でした。しかし、その時代でさえ、思い出の宝、代々の家の宝として珍重されました。

 そのオルゴールに可聴域を超える、超低周波から超髙周波の存在を発見して、オルゴール療法と名前を付けました。ハガネの音弁はピンで弾かれると、止まることなく、可聴域を超えるひびきを空中に放出し続けて私たちの健康に良い結果をもたらしています。

 オルゴールの生の“ひびき”の存在は、デジタル音の音楽ばかりになった現代、貴重な存在です。オモチャ楽器の小さな音楽は、今も「美しい生の音楽として」持ち続けています。岡潔博士は、「美しいと感じる時のみ情緒の器が育つ、音楽は芸術の中で最も優れている」と説かれました。美しい生の音楽と自然界の“ひびき”を持ったものが、一部の楽器以外に見当たりません。

 短い音楽は欠点ではなく、美しさが大切なのです。テレビや、ゲームや、スマホや電子音楽が、家庭の音楽の中心になってしまった中で、今やオルゴールは貴重な存在になりました。

 オルゴールはゼンマイの力で自動で演奏し、音楽を繰り返す特性があります。オルゴールは進化して、自動で15分、60分を、モーター駆動で、1時間、3時間、6時間、の自動演奏が可能になりました。ゼンマイを捲けない方、手の力を弱めたご高齢の方、乳幼児には、音楽は自動で鳴る必要があり、オルゴールはその機能を持っています。病状改善には“ひびき”を脳や臓器器官に長時間取り込まなければならないのです。ガンや難病を改善出来ているのも、長時間演奏で“ひびき”を脳の中枢部に届けられるからです。

 オルゴールが木の箱に入っているのは偶然ではありません。時計職人アントワーヌ・ファーブルは、懐中時計で鳴った音楽を木箱に入れて現代のオルゴールのひな形をつくりました。それは、今や、音楽とひびきを持ち運べる長所となり、更に、木の箱に入れて共鳴させることで音を大きくひびかせたのです。更に、その“ひびき”の箱を身体に直接に付けることが疾患改善には欠かすことの出来ない、大きな利点になり、身体にくっつけても“ひびき”は止まらない性質が療法改善にとって大切な要因になったのです。

 オルゴールは美しい生の音楽を木箱の中で、繰り返し自動で鳴る、ハガネの振動は長時間空間に広がり、熱帯雨林が持つのと同じ自然倍音の大きな“ひびき”になるのです。沢山の“ひびき”を長時間心身に供給することが疾患の改善に必要であることも解ってきました。生の美しい音楽を長時間自動演奏する特性が心身の不調を正す為に大切であることが解ったのです。

 蓄音機の時代に低くみられたオルゴールは、これからは、オルゴール療法として、“ひびき”の健康法として、医療機器の分野で認められ、美しさによる情緒教育や、胎教から乳幼児の養育に、14才までの成長期の子供たちに、運動神経や感覚神経の必要なスポーツの世界に、更に、二十才までの科学する脳の発育に欠かせない、あらたな価値を見いだしつつあります。オルゴール療法の、まだ隠れている価値を探し続けます。未知の世界に、ひびきの素晴らしい旅をご一緒しませんか

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。