【予防医学その二】オルゴール療法の本質は病気を起こさない予防医学

 病気は環境悪化から発症するのは九十%、遺伝性ものは三%と云われています

 私たちは、今、直面している大気汚染や、水質汚染など、温暖化など五十を越える、環境悪化から、さまざまの病気を引き起こしていると言われています。

 病気の根源は環境汚染からが九十%とは、驚きましたね。病気は、自然発生的に起こるものだと思っていましたが、環境汚染が原因とは、驚きました。

 その環境汚染は、からだに直接害を及ぼしているのでしょうか? これらの病気は、二十世紀になってから急激に増えて行ったと言われています。熱帯雨林などの自然界が損なわれた、文化生活を送るようになってからだと言われています。

 私たち人間が便利に生活すれば、するほど、人間は基より、地球上の生物も、同じように、病を起こし、命をちじめているのではないでしょうか? 病気が環境汚染から身体を弱め、死に至らしているとしたら、これは、一大事です。

 病気はストレスから起きると思っている私たちの考えをあらためて、環境を良くすること考えないといけません。それは、大きな課題ですが、そのことを考えずに、健康を語ることは、出来ないのです.いくら薬は一理有って百害と言われて、それよりは、”ひびき”のよる脳からのコントロールだと言われても、限界が在りましょう。

 今、老衰でなくなる方が、死亡の順位の三位に上がったことが報じられました。私たちの病死の順位

は、一位は癌、二位は脳疾患、三位は誤嚥性肺炎などの肺の疾患でした。その三位が老衰と入れ替わったのです。老衰とは、本来の生命を長く生きられない、短命のことではないでしょう。

  1. 地球温暖化
  2. 気候変動
  3. オゾン層の破壊
  4. 酸性雨
  5. 塩害
  6. 砂漠化
  7. 森林破壊
  8. 海洋汚染
  9. 海洋ゴミ問題
  10. 水質汚染
  11. 農業汚染
  12. 人口爆発
  13. 水資源の危機
  14. 食糧問題
  15. 生態系への影響
  16. 外来種の侵入
  17. ゴミの埋め立て問題
  18. 放射性物質の廃棄問題
  19. 土壌汚染
  20. エネルギー問題
  21. 採掘による有害物質
  22. 二酸化炭素の排出問題
  23. 大気汚染
  24. 騒音問題
  25. 自然災害

26電磁波 

27化学物質、

 

 など、私たちが日頃目に触れるものばかりです。環境悪化から病気が起こるとしたら、私たちが病気を起こしていることななりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。