【予防医学その五】オルゴール療法の本質は予防医Ⅲ

 病気と悪環境:について少しお話ししましょう、どうしてこんなにお病気が、多いのか、病気の多さに、驚きます。それほどに一人で多くの病気を抱えます。あるいは、次々に新しい病気を発症しています。

 
 環境汚染からの病気は九十%、 DNA、遺伝性ものは3%と言われています。この環境悪化に打ち勝つ心と体をつくりのことが求められているのだと思います。この環境下は都会の文化を支える、または無視した結果に、私たちの心と体が衰えた結果だとしたらの環境に打ち勝つ心と体を作る必要があります。
 
 オルゴール療法ではガンを始め幼児の難病を含めて、一万五千といった実績から響きが生体を維持し、病気を治すことができる実績から学べば、それは、正体をコントロールする脳を強くすることだと言えます。
 
 どのような環境は誰にも負けない、そして、今後新たな環境悪化が起きてもその環境に負けない、打ち勝つ心と体を作っておかなければならないと思います。
 
 どのような環境下にも負けない、脳を作ることができるのでしょうか? さらに環境の他にも細菌やウイルスなどあります。そしてどんどん強くなっていく、ウイルスを見ても生体を取り巻く環境はますます悪化の一途を辿りましょう。
 私たち人間が作り上げた悪い環境だけでも早いうちに改善しておかなければならないのではないでしょうか?
 病気を予防するとは、環境を良くすること。生体を限りなく強くしておくこと、ではないでしょうか? 病気を治すということは環境悪化に打ち勝つことが響きでできたのであればその脳を作る事が一つ、その他にも強い脳を作ることを急ぎ探さなければならないのではないでしょうか?  
 
 人間が海の魚から進化して四つ足になり陸に上がって二足歩行の人間になった自然界に、その過程に、その答えがあるのではないでしょうかそれが見つかるまでは、今の響きを、又は別の種類を沢山探し求めなければなりません。響とその持続性は、必須の条件でありましょう。今のままの文化や、つんのめりの文化では病を消し去ることはできないのではないでしょうか?               
 光や水オゾンや土や食物そして今ひびきを見つけたように、何か新しい正体を元気にする新しいものを見つけなければならないと思います。
 
 その命を絶つ兵器作りをやめ、戦争を辞め、日本のような最先端の国ならなければなりません。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。