オルゴール療法は、老衰に勝つ健康法(その三)老衰と環境

 オルゴール療法は、老衰に勝つ健康法(その三)老衰と環境

 人間の生命は二十歳を境にして衰えていくことが分かっています。七十歳を境にして急に衰えていく方を見受けます。近年環境の悪化が叫ばれでいますが、その環境悪化が原因の一つに大きく関わっていると思われます。
 
 せっかく文化を発達させ、便利になったその陰で、環境悪化から命を縮めては残念の極みです。環境悪化に負けてはなりません。環境悪化を作ってはならないのです。それに世界がやっと気が付いて、温暖化などのさまさまの環境悪化からから手をつけようとしています。
 
 私たちが命を支える大切な5大要素光、空気、水、土、と食物、ですそのどれをも、文化の発展のために見逃してきました。長く命に関わるひびきは忘れ去られ、都会では百分の一になっています。知らないうちに1/100になり老化を助けたことになっているのです。
 
 環境悪化見過ごすことは結果的に老化老衰死を助けていることになるのです。自分たちの文化を発展させるために招いた環境が私たちの老衰を結果的に助けることになっているのは、なんと皮肉なことでしょうか?

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。