ミニオルゴール博物館(六)東京日本橋本石町オルゴールサロンルヴィーブル(2)

ミニオルゴール博物館(六)東京日本橋本石町オルゴールサロンルヴィーブル

オルゴールのいろいろ(2)

1.当時のシリンダー型のオルゴールです。スイス製は音色を透明にする為に折れやすく、2から3本欠けることが良くあったのです。当ミニ博物館のアンティークオルゴールは、欠けたものはありませんが。
 
2.当時の貴重な調律していた頃のマスターキーボードです。一本一本純正律(音の倍音に濁りのない)に近い調律法が取られました。これは現代のオルゴールにもその名残が見られ音の美しさに貢献しています。
 
3.モスク型のタバコ入れです。ボタンを押すと、鳥がさえずりながら六面の扉が開きます。当時の王侯貴族の優雅優雅さを彷彿とさせます。
 
4.マロット:権勢を誇った大英帝国時代にビクトリア女王が使った、赤ちゃんをあやすガラガラです。植民地を沢山に持った大英帝国の女王が使ったことで世界に流布し有名になりました。フランスの人形制作者とスイスオルゴールのギド・リュージ社長は当時百本限定でつくり、当社が全量引き取り日本に紹介しました。
 
5.猫の貴婦人:フランスで作られた優雅な貴婦人の猫が、スイスのオルゴールで音楽を奏でながら動きます。これが作られた当時、日本に入って来た時に取り合いになるほどの人気ものでした。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。