ミニオルゴール博物館(七)東京日本橋本石町オルゴールサロンルヴィーブル

ミニオルゴール博物館・東京(七)オルゴールサロンルヴィーブル

オルゴールのいろいろ(3)

オルゴールのパーティー皿:お台所から果物をのせてオルゴールを鳴らしながらテーブルに載せます。一曲で止まりパーティーを盛り上げます。スイスブリエンツ村の木彫です。日本にお呼びしたことがあります。
 
  1. エルム:雅子妃殿下から愛子様にプレゼントされたオルゴールです。美しい宝石箱そのままに作られたオルゴールです。オルゴールを日本に紹介を始めた頃のオルゴールです。デコパージュの専門家が感心する程の出来映えです。

 

2.ボアセレステ:当時の王侯貴族たちが天上の音楽と珍重しました。リードの音とオルゴールの音が良くマッチして不思議な音を作っています。オルゴールから笛の音が聞こえて驚かれます。

 

3.年代入りのコレクション用のオルゴールのリュージ社当オルゴールサロン・ルヴィーブルが1975年~2011年(昨年)まで作り続けたオルゴールベルです。毎年ベルの色、絵、曲を変えて、年版を入れて作られました。当時、当店は7百名のベルコレクターに毎年配布した為に、絵柄と色と曲を佐伯吉捷に任され、作曲家小川正先生に曲を

選んで頂きました。

 

4.ピエロエクリバン:机に向かうピエロはランプの下で一心に羽根ペン(鵞ペン)を走らせています。ペンを持つ手が手首から動き、お顔がそれを追い、顔を傾けます。やがてピエロは眠りに落ちます。ランプの炎が消えると暗闇に姿を消します。ハッと気が付いて左手で炎をかきあげると暗闇に真っ白いピエロが浮き上がります。美しくも幻想的なピエロに感動のため息がもれます。

 

5.王宮の舞踏会:ライトが入ると大舞踏会が始まります。1780年代の衣装で着飾った宮廷の大舞踏会です。大豆のお顔に彩色をされ、144弁のオルゴールは、音楽を奏でながら器用にダンスをします。持ち上げられ降り立つトウの角度で自分で回転を起こし、合わせ鏡で大舞踏会が始まります

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。