死因の高位にある 誤嚥性肺炎と“ひびき”のオルゴール療法!

 死因の高位にある 誤嚥性肺炎を“ひびき”のオルゴール療法で改善!

 前にふれましたが、下肢静脈溜で神経系の異常が見られ、それを“ひびき”のオルゴール療法で良くなられた、改善症例を上げました。

 

 即ち、下肢静脈瘤は、脳の神経系の異常、神経系の調整力の低下から起こるのです。だから、一つずつを手術で採っても、焼き切っても、対症療法では、根本の解決には、ならないのです。

 

 根本の解決には、ならないどころか、死因の高率を下げないままに、放置されているのです。沢山の方々の身体が未解決のまま、困窮されているのです。

 

 神経系の不調整から起きる病状は、脳のコントロール下にあるのですから、脳からの調整、脳から治すというのが、これからの療法なのです。

 

 誤嚥性肺炎が死因の3番目に、上がった年がありました。一昨年です。多くの方が亡くなられたのです。神経系の機能を調整するだけで、多くの命が救われるのにと思えば、とても、残念です。

 

 オルゴールの“ひびき”を聴くだけで、全神経、ホルモン、代謝外の調整が行われ、肺が正常に機能調整されて、誤嚥性肺炎で命を失わずにすむのです。

 

 特に高齢者の誤嚥性肺炎の多いいことを思えば、多くの高齢者の命が救えるのです。死因の3番目に上がったことが、大いに問題にすべきではないでしょうか。

 

 死因の3番目からはずれたことは、それが少なくなったのでは、ありません。未だに、誤嚥性肺炎は、高齢者にとっても、大きな障害でありましょう。オルゴールを沢山聴きましょう。こんな簡単な健康は、ないのですから。

 

ご相談電話:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
      東京:0800-800-2512
      横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
      大阪:0120ー700ー704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。